節分の由来を子供向けに分かりやすく説明するには?

setsubun-kodomomuek01

毎年2月3日は節分ですね。

節分には何かなさいますか。豆まき、恵方巻きを食べる、

目刺を軒に下げる・・・

色々あると思いますが、その節分の由来はご存じですか?

お子さんに聞かれたときに、子供向けに分かりやすく

説明できるよう節分の由来についてご紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

節分の由来

日本には春夏秋冬の四季がありますが、

それぞれの季節が始まる日を「立春」「立夏」「立秋」「立冬」といって、

これらの前日を「節分」といいます。

つまり、節分は4季の節目のことなんですね。

昔は立春から新年でしたので、4つの節分の中でも立春前の節分は、

今でいう大晦日に当たる大切な節目の日でした。

新年に福を呼ぶため、

悪いことを起こす邪気をはらう様々な行事が行われるようになり、

節分といえばこの日をさすようになりました。

子供向けに分かりやすく節分を説明するには?

子供向けに説明するとしたら、

「昔は春が始まる暦上の立春の前の日である節分が

大晦日だったんだよ、

だからこの日に、悪いことを避けて幸運が

やってきますようにってことで

「鬼は外、福は内」

と唱えながら豆まきをしたんだよ。」

とか言えば分かりやすいかもしれませんね。

子供向けにやさしく説明された動画をご紹介させていただきます。

節分豆まき(ペープサート).mp4

鬼退治

 せつぶん

節分に鬼をやっつけるのはなぜでしょうか。

災害や事故、病気など

目に見えない恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えらえていたそうです。

特に新しい年や季節の節目に鬼がやってきやすい

と考えられていたため、

節分に鬼退治をしようという発想が生まれたのです。

でも、どうして「鬼」っていうのでしょうか?

「鬼(おに)」は中国の「陰(おん)」に由来します。

「陰」は邪気をさし、それが「おに」になりました。

また、もう一つの説としては隠れている怖いもの

「隠人(おんにん)」が変化したというものもあります。

災害、病、事故、飢饉など人間の力ではどうにもならない

恐ろしい出来事は鬼のしわざと考えられていました。

豆まきの由来は、鬼の目に豆をぶつけて、

鬼を滅する「魔滅」に通じ、

鬼に豆をぶつけることによって邪気を追い払い、

一年の無病息災を願うという意味合いから来ています。

火で炒って、邪気を払った豆は「福豆」と呼ばれて、

福を年の数だけ体に入れることで、

「次の年も健康で幸せに過ごせますように」

と願ったということが、

年の数だけ豆を食べるということの由来です。

恵方巻きの由来

恵方巻きの動画です。おいしそうですね。

恵方巻きは節分に食べると縁起がいいとされている太巻きです。

ただ、恵方巻きというネーミングはセブンイレブンが

平成10年に全国に発売する際商品名に採用したことから広がったそうです。

卵焼きやかんぴょうキュウリ、アナゴ、でんぶなどを入れたものが一般的ですが、

最近は子供向けにウィンナーや唐揚げを入れたものまであるようです。

そのほか子供向けのレシピとしては、豆を豚汁に入れたり、

イワシをミンチにしてハンバーグにしたりといったところでしょうか。

setsubun-kodomomuek03

柊鰯(ひいらぎいわし)の由来

柊鰯(ひいらぎいわし)は、

節分に魔除けとして使われる柊の小枝と焼いた鰯の頭、

あるいはそれを門口に挿したものです。

一般家庭では先にご紹介した恵方巻きと

一緒に目刺を焼いて食べたりしますね。

子供向けに恵方巻きの形をしたロールケーキや

鬼の顔をかたどったクッキーなども喜ばれそうですね。

節分には、豆まきをして、年の数だけ豆を食べて、

恵方巻きを作り、目刺を焼く。

節分の由来がわかれば、よりいっそう節分の行事が楽しめそうですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">