大掃除のコツ~お風呂編~

oosouji-ofuro01

お風呂が気持ちいいのって

なんか得した気分になりますよね。

めんどくさい大掃除の中でおふろはちょっと難関・・・

そんな気持ちでいませんか?

でも、今年の大掃除をちょっと工夫すれば

来年がちょっと得した気持で迎えられるのです。

そんなちょっとしたお風呂の大掃除のコツをご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

お風呂の汚れ

oosouji-ofuro02

お風呂の汚れは落ちにくい。

それは身体から出る皮脂と石鹸カス+カビのせいです。

脂の上を石鹸がポリマー加工してカビの温床になってしまうのです。

つまり

カビを退治して

石鹸カスと皮脂を取り除く!!

これがお風呂掃除のコツです。

大掃除でしっかりとカビを除去すると

そのあとカビは生えにくくなります。

場所別お風呂掃除のコツ

用意するもの

  • 泡状漂白剤(カビとりハイターなど)研磨剤入り洗剤(ジフ)
  • 風呂用洗剤
  • 排水溝洗浄剤(パイプフィニッシュ等)
  • たわし又はスポンジ
  • メラミンスポンジ(激落ちクン等)
  • 歯ブラシ
  • 爪楊枝
  • ビニール袋(大)スケッパーまたはへら
  • トイレットペーパー又はサランラップ
  • 雑巾(ぬれ拭き用・から拭き用)
  • ゴム手袋・マスクがあると便利です。

【天井・壁(上部)掃除のコツ】

汚れのほとんどがカビとほこりです。

カビの胞子が巻き散らないように

硬く絞った雑巾またはスポンジで拭きとりましょう。

【壁(下部)、床、浴槽壁掃除のコツ】

皮脂と石鹸カスを除去します。

水滴のない状態でスケッパーやへらでこすります。

泡状の漂白剤(カビとりハイターなど)をまんべんなく巻いて五分間放置

(汚れのひどいときはスプレー後トイレットペーパーやラップを貼る)

放置後シャワーで良く洗い流し、お風呂用洗剤のついたスポンジで洗う。

【窓 掃除のコツ】

窓わくについているのはほこりとカビです。

ふきそうじはカビの胞子が舞ってしまうのでしない方がよいです。

シャワーで流しながらスケッパーや窓ふき用のゴムべらで洗います。

細かいところは歯ブラシや爪楊枝こすります。

サッシのゴム部分にシミが残ってしまっている時は水滴をふき取って

から泡状の漂白剤散布します。

【浴槽・排水溝の掃除のコツ】

皮脂・石鹸カス・水あかの汚れです。

外せる物はばずしビニール袋にいれて泡状漂白剤を散布します。

排水溝専用の洗剤を排水溝に流し、15分放置する。

排水溝を水でしっかり流し、

風呂用洗剤のついたスポンジでこすり洗いします。

つけておいた部品を水で洗い流し元に戻す。

【ドアの掃除のコツ】

皮脂・石鹸カス・水あかの汚れです。

風呂用の洗剤をつけたスポンジで円を描くように

上から下によく泡だてて洗います。

シャワーでよく洗い流します。

細かいところは歯ブラシや爪楊枝こすります。

【蛇口・シャワー・鏡の掃除のコツ】

皮脂・石鹸カスの汚れです。

研磨剤入りの洗剤のついた歯ブラシでよくこすります。

シャワーでよく流して最後に空ぶきをします。

【イス・洗面器・小物の掃除のコツ】

皮脂・石鹸カスの汚れです。

浴槽・排水溝の小物と一緒にビニール袋に入れて漂白剤につけます。

石鹸カスのポリマー加工が強力なので水でよく洗ってから

メラミンスポンジ(激落ちクン等)でこすり洗いします。

風呂掃除の中で一番体力を使います。

※プロの風呂掃除をまとめた動画がありますので紹介させていただきます。

動画でわかる浴室クリーニング

お風呂の大掃除 チェックリスト

oosouji-ofuro03

最後にお風呂の大掃除を漏れなく完了しているか

チェックリストで確認してくださいね。

  • 天井・壁(上部)の掃除が完了した
  • 壁(下部)、床、浴槽壁の掃除が完了した
  • 窓の掃除が完了した
  • 浴槽・排水溝の掃除が完了した
  • ドアの掃除が完了した
  • 蛇口・シャワー・鏡の掃除が完了した
  • イス・洗面器・小物の掃除が完了した

以上でお風呂の大掃除は完了です♪

難関 お風呂掃除もコツをつかんで一気に突破!

ピカピカのお風呂で年越し風呂!!

心も体もすっきりぽかぽかですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">