スキンケアの基本「清潔」と「保湿」を保つ方法をご紹介

skin-care-kihon01基本的なスキンケア方法ってご存知ですか?

美しく健やかな肌は女性にとってあこがれですよね。

いくらきれいにメークアップしたつもりでも、

肌のコンディションが悪いと、お化粧が浮いて見えたり、

ファンデーションがむらになったりして、

むしろお化粧しない方が良い場合もあります。

逆に、ファンデーションが薄付けでも、

肌が美しければとてもお化粧が映えて見えるものです。

そういった美しい肌は一朝一夕に作られるわけではなく、

毎日の積み重ねの中で培われていくものです。

まだ10代の頃ならともかく、20代を過ぎたあたりから、

スキンケアはとても大切になってきます。

その頃の対処の仕方で、30代、40代、50代の肌の

コンディションも違ってくるのですから、

本当にスキンケアは大切なのですよ。

そしてそういったスキンケアの基本は「清潔に保つ」ことと「保湿すること」です。

スポンサーリンク

スキンケアの基本① 清潔に保つこと

skin-care-kihon02

清潔に保つには言うまでもなく、

クレンジングと洗顔が大切です。

クレンジングで日焼け止めやファンデーションといった

化粧品の油性の汚れを落とし、皮脂や汗、古い角質など

体内から分泌される汚れを洗顔料で落とさなければなりません。

最近はW洗顔不要という謳い文句の洗顔料も出ていますが、

化粧品の油汚れは洗顔料だけでは

なかなか落としきれませんので、

十分に清潔に保つという観点からやはりW洗顔をお勧めいたします。

クレンジングはオイル、ローション、ジェル、クリーム、

シート、ミルクタイプなど様々なタイプがありますので、

自分の肌質やライフスタイルに合ったものを選びましょう。

オイルクレンジングはクレンジング力が強く、

清潔に保つという意味では効果的なのですが、

その分肌への影響が大きいので、

肌につける時間は短時間にするとよいでしょう。

ローションタイプやシートタイプは

ごしごしこすらないようにするのがコツです。

ジェルタイプはさっぱりして気持ちはいいのですが、

ウォータープルーフのマスカラなどには不向きです。

クリームタイプはじっくり時間をかけて

マッサージしながら落とすのが効果的です。

まず、ポイントメークリムーバなどで

ポイントメークをオフにしてから使うとより効果的でしょう。

ミルクタイプのものは薄化粧の方向けです。

洗顔料も、フォームタイプ、ジェルタイプ、泡タイプ、

石鹸タイプ、パウダータイプなどがありますので、

試供品を使ってみるなどして、

自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

いずれにしても洗顔の基本はしっかり洗顔料を泡立てて

優しくなで洗うように使うことです。

細かく泡立てられた泡は毛穴の奥まで入って

優しく汚れを落としてくれるからです。

これが肌を清潔に保ち、かつ刺激を最小限に抑える賢い洗顔方法と言えます。

スキンケアの基本② 保湿

skin-care-kihon03

次に保湿ですが、化粧水や乳液など基礎化粧品には

それぞれの大切な役割があります。

化粧水には角質に水分を補給することで

肌をふっくらとさせる保湿の役割、

乳液には水分を与えられた角質にバリアをはる効果があります。

やはり丁寧にそれぞれ目的に合った基礎化粧品をそろえるのが基本でしょう。

化粧水を効果的に使うには、

手のひらを使うとコットンよりは肌への刺激が少なく、

毛穴が開きやすくなります。

ただコットンほどはむらなく浸透させることができません。

逆にコットンの場合は手のひらよりは肌に刺激を与えますが、

むらなく浸透させることができます。

コットにはたっぷりと化粧水を含ませましょう。

特に肌が弱いということでなければコットンを使用した方が

保湿という観点から見れば効果的といえるでしょう。

どちらの場合も洗顔後に時間を空けずにケアをし、

優しく押えてじっくりなじませるようにするのがコツで、

パタパタはたくのはNGです。

乾燥しがちな目元、口元には、たっぷり化粧水を含ませた

コットンをのせて、5分くらい放置すると効果的な保湿ができます。

保湿たっぷりのスキンケア方法を解説している

動画ありましたのでご紹介させていただきますね。

メイク前の保湿たっぷりスキンケア法 / CLINIQUE 3 Step +1 Step Skin Care

さて、化粧水をたっぷりと使って保湿ができたら、

今度は水分が蒸発しないように乳液やクリームでふたをします。

40代以降の方はこのあとナイトクリームや

美容オイルを使用するとよいでしょう。

美容液を使用する方は、洗顔後すぐに使って

そのあと化粧水で肌を整えるのが基本ですが、

美容液の種類によって順番が違う時もあるので、

箱や瓶に記載してある効能や使い方を

よく見て正しい順序でつけるようにしましょう。

スキンケアの基本、清潔と保湿を毎日心がければ、

長い目で見て、美しく健やかな肌を長く育むことが出来ると思います。

忙しくて時間がないときでも、スキンケアだけは怠らないようにしましょう。

どうしても時間がない時でも、最低限、シートでお化粧を落として、

さっと洗顔、オールインワンジェルをつけておくだけでも全然違います。

お化粧したまま寝てしまうのだけはやめましょう。

時間がある時用のスキンケア用品と忙しい時用のスキンケア用品を

分けておくのもよいかもしれませんね。

とにかく清潔と保湿をしっかりすれば、

スキンケアの基本はバッチリです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">