コストコの会員カードで得する5つの裏ワザ

costoco-kaiin-ura01

安くていいものが揃えることができるコストコ

他では買えないような商品もたくさんあり、

みているだけでも楽しいですね。

でも、そんなコストコで一番ネックになるのが年会費。

年間4000円の年会費はちょっと痛手・・と思われている方に

会員カードがなくても、

もしくは安く入店できる裏技をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

 裏技① コストコ商品券で入店する

costoco-foodcota-kaiin05

これはもっともポピュラーな方法ですが、コストコの商品券を使って入店することができます。コストコ商品券とは、店舗内で会員向けに販売されている商品券で、5000円と10000円の2種類の金券があります。入手方法としては、会員の知人がいれば購入してきてらうか、もし会員の人が知人にいなければ、ヤフオクなどで入手することもできますよ。このコストコ商品券を持っていれば、会員カードがなくても入場することができます

裏技② ビジネスカードで安く会員カードを発行する

DSC_1357

一般の会員カード(ゴールドスターメンバー)の会費は年額4000円となりますが、ビジネスメンバーカードの会費は年額3500円と少し安いです。ビジネスメンバーカードとは、事業をされている方が利用できるカードですが、結構簡単に作ることができます。必要なものは、名刺+身分証明書だけです。事業は法人格(株式会社)などはといませんから、個人事業として屋号が名刺に掲載されていればOKです。もし名刺がなければ、インターネットで500円もあればつくれてしまいますので、名刺を作ってビジネスメンバーで会員カードを作っておけば、毎年500円ほど会費を安くすることができますよ。

また、ビジネスカードは代表者だけではなく、その従業員6名まで会員カードを発行することができます。もし、お勤めの方なら代表者がコストコのビジネスカードを作っていたら、紹介状があれば、受付でビジネスメンバー用の会員カードを発行してもらうことができますよ。

裏技③ 1日無料体験パスを手に入れる

costoco-foodcota-kaiin06

コストコを無料で体験するための1日無料体験パスというものが存在ます。これは、不定期でコストコニュースというサイトで配布されていたり、コストコLifeという雑誌に添付されていたりします。しかし、いつでも入手できるというわけではないです。確実に入手したい人はヤフオクで数百円から出品されていますよ。あと、この無料体験パスには有効期限がありますので、くれぐれもご注意くださいね。

裏技④ 会員の友達を作る

コストコの会員カードがあれば、同伴入場が合計3人まで可能です。つまり、コストコに行くときに会員メンバーの友達を連れて行けば、会員カードをつくらなくても入場できます。強者は、コストコ前で友達を作り、その人と一緒に入店するということも可能ですね・・。

近隣のお友達を誘って、代表者一人が会員になり、その会費をみんなで負担しちゃうということも可能ですね。

そうすれば、3人で割れば、一人当たり1333円ですみますね。

裏技⑤ 1年以内に解約する

コストコの会費は1年以内に解約すれば、全額返金していただくことができます。1年経過する前に解約すれば、実質無料で入店できることになります。しかし、注意点は解約すると12か月間は再度会員カードを発行することはできません。しかし、これにもさらに裏技がありますのでご紹介させていただきます。

会員の特定は氏名と住所で特定しています。もし引越したり、実家の住所に変更すれば2年目も会員カードを発行することができますよ。ただし免許証などの身分証明書の提示が必要になりますので、そのあたりもご注意くださいね。

あとは、12か月経過すれば再度会員カードを発行できるので、もう一人家族や友人と毎年交代でカードを発行すれば毎年、実質無料で会員カードを手に入れることもできますね。

以上、コストコの会員カードで得する裏技集のご紹介でした。

年間4000円とちょっと高いようにも思いますが、それ以上の価値がコストコにはあると思います。今回紹介したような方法でまずは安くお店を体験し、もし価値があるようでしたら、ぜひ惜しみなく会費を払って、最大限にコストコを堪能してくださいね。

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 購入してきてらうか、もし会員の人が知人にいなければ、ヤフオクなどで入手することもできますよ。 [紹介元] コストコの会員カードで得する5つの裏ワザ | おもしろい雑学の知恵袋 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">