長野「善光寺」のパワースポットで気運上昇!!

長野「善光寺」は子供のころから

毎年秋にお参りするのが恒例になっています。

zenkouji-paworsopt01

小さい頃は鳩が沢山いて

餌売りのおばあさんから餌を買って鳩とたわむれた

今は鳩の糞害がひどいので餌やりは出来ないですが

善光寺にとって鳩はとても重要なパワーアイテムです。

そんな、長野「善光寺」と

善光寺のパワースポットについてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

 善光寺の鳩

中国では鳩を放つと幸運がやって来る。

旧約聖書でも、

「ノアの箱舟の大洪水の時に鳩を放ったところオリーブをくわえて戻ってきた。

そして、水もひき始めた・・・」

という言い伝えがあります。

善光寺も鳩に対してなみなみならない信仰を持っています。

本堂の「善光寺」とかかれた看板に鳩が5羽隠れています

この5羽を全部見付けられると大変な御利益があると言われています。

長野県自体で零地場や戸隠の龍穴など強力なパワースポットを抱えており

善光寺も他の二つに劣ることなくそのパワーを秘めています。

善光寺の歴史は古く1400年以上昔に

百済から仏教伝来時にやってきた阿弥陀如来を祀った事から始まります。

老若男女、身分を問わず、宗派を問わず広い慈悲を持つお寺で

門前の仲見世も大変賑わっています。

パワースポット長野 善光寺のお参り

zenkouji-paworsopt02

いつもはリンゴ狩りのついでによる事の多い善光寺ですが、

今回はパワースポット巡りという事で戸隠高原から善光寺に詣でることにした。

ということで、さっそく善光寺に到着!

 zenkouji-paworsopt03

戸隠神社で疲れた足に善光寺の石畳が心地よかったです。

 zenkouji-paworsopt04

お参りにあたり邪念がよぎるのを回避するために

仲見世の一本外れた宿坊の通りを歩きました。

善光寺山門 到着!!

zenkouji-paworsopt05引用:http://www.uraken.net/

線香の香りが鼻をくすぐります。

さっそく、御手洗いで手と口をすすぎ身を清めました。

初秋の信州の水は冷たいですが、

長野の水脈には龍が住まうといいます。

身も心も引き締まりますね。

献香する。

煙を頭と

近頃気になる下腹

細くしたい足にかけ一礼する。

内陣券を購入し本堂に向かいました。

善光寺の本堂はとても暗く、

お戒壇めぐりは暗闇をあの世と模して

御本尊安置場所の錠前を触る事で極楽浄土が約束されるという。

暗闇後のあの金色は毎回ながら感動します。

 zenkouji-paworsopt06

次は史料館に向かう。

長野 善光寺の御利益は「極楽往生 心願成就」参っただけでも

パワースポットとしては効果十分だが

念には念を・・・

zenkouji-paworsopt07

「一文字写経」でパワー倍増

何をお願いしたかは・・・

本堂の裏をぐるりと回る。

整備された日本庭園はいつ来ても心が落ち着きますね。

ところどころ

石碑があるのがおもしろいです。

でも、一番おすすめはコレ

zenkouji-paworsopt09引用:http://www.mapbinder.com/

ミルク屋さんの寄贈品だそうです。

庭園のシュウメイギクが見ごろです。

zenkouji-paworsopt10

山門を抜け、仲見世でランチを食べました。

もちろん信州そばをいただく。

zenkouji-paworsopt11

信州のそばは本当においしいです。

しかも、蕎麦は年越しで食べるくらい

縁起の良い食べ物です。

金運が上がる効果もありますよ。

今回の参拝はこれでおしまい。

次回は長野 善光寺最大のパワーが得られるという御数珠頂戴に合わせて

朝早く これたらいいな~

と思いつつ自宅への帰ろにつきます。

御数珠頂戴の動画があるので紹介させていただきます。

善光寺 お数珠頂戴 大本願

秋の紅葉もいいが

ゼンマイやワラビの生える春も良い・・・

長野の空気は本当にパワーがあります。

車にもどると

少なくはなったが鳩のフン

運がついてきたかな?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">