男性のスキンケア方法をご紹介!仕事日焼けでこんなことになる前に・・・

sukincare-mens02最近はメンズエステでなどもあって、

男性もスキンケアに気を遣う時代になってきましたね。

営業で外回りの多い方も、

日焼け止めクリームなど使うようなことが多いようです。

年を取ってからあまりシミだらけになりたくないというのは、

男性も女性も同じでしょうね。

そんなわけで今回は男性のスキンケア方法をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

男性の肌のダメージ

sukincare-mens01引用:http://gigazine.net/news/20120606-darkside-of-sunshine/

写真の男性の顔の右半分と左半分では大きな差があります。

なぜだとお思いますか。

実はこの男性、元トラックドライバーだった方で、

長年運転席で、顔の左半分だけが日光にさらされ続けたために、

このような状態になってしまったのです。

この男性、生涯に一度も日焼け止めクリームを塗ったことがないそうです。

年を追うごとに肌がたるんでしわが増えていくのは、

太陽光に含まれる紫外線が肌の奥まで浸透し、

コラーゲンやエラスチンに影響を及ぼすからです。

この男性は孫たちから「なんで顔の半分だけおかしいの?」

と聞かれるのにうんざりして、大学の皮膚病学者の元に訪れたそうです。

幸い皮膚がんの兆候はありませんでしたが・・。

これは極端な例ではありますが、

このように日光にさらされることにあまり無頓着ですと、

後々後悔することになってしまうかもしれません。

特に現代はオゾン層が破壊されて、

昔よりも紫外線が有害であると言われています。

必要以上に神経質になる必要はありませんが、

夏の炎天下では日焼け止めクリームくらいは塗るようにした方がよいでしょう。

また、髭剃りは男性が避けて通ることのできない習慣の一つですが、

肌の角質を無理やり剥離することから、

過酷な肌ダメージがあると言えます。

そのため、肌の負担の少ない髭剃りを考えてみるとよいでしょう。

男性のための具体的なスキンケア方法

sukincare-mens03引用:http://www.patriotsofficialnflonline.com/

それでは、男性のための具体的なスキンケア方法としては

何をしたらよいのでしょうか。

髭剃りのダメージを減らす

上記のように髭剃りは肌にダメージを与えますから、

それを最小限に抑える方法を工夫しましょう。

髭剃りの前に蒸しタオルで剃る部分を温めると毛穴が開き、

カミソリ等に力を入れなくても深剃りができるようになるのでおすすめです。

濡らしたタオルを電子レンジで温めれば簡単にできますので、実践しましょう。

プレシェーブクリームやシェービングクリームを使用して、

刃からのダメージは極力避けるようにして髭剃りをします。

髭剃り後はアフターシェーブローションや

クリームで手入れを怠らないようにしてください。

ぎとぎと脂肌の対策

また、男性の肌の特徴としては、

男性ホルモンの皮脂腺への影響から、

女性の2倍の皮脂が分泌されると言われていますので、

女性よりも脂っぽくなりがちです。

そのうえ、女性の肌と比べて水分量が少ないので、

油っぽくてべたべたするのに乾燥しているということになってしまいます。

水分の少ない肌に水分を補おうとして、

皮脂が分泌されるため、さらに脂っぽくギトギトしてきてしまいます。

そのため、肌の保湿が重要になってきます。

肌を保湿することによって、肌の水分量を適切に保ち、

皮脂の分泌も抑えることができるのです。

そんな男性におすすめしたい保湿方法は、

メンズ専用オールインワンジェルです。

スキンケア方法の動画をご紹介させていただきますので、

これを参考に、しっかりスキンケアをしていきましょう。

正しい男性スキンケア〜女性はスベスベ肌がスキ♡〜【男性美容 Vol.12】

いまや男性のお化粧すらある時代です。

最低限のスキンケアに気を遣うのはもはや常識になりつつあります。

ここにご紹介したスキンケア方法をご参考に、

ライフスタイルに合わせて、スキンケアを実践してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">