赤ちゃんのスキンケア方法

skincare-akacyan01

美肌のことを「赤ちゃんみたいな肌」

と表現したりしますが、赤ちゃんの肌はとてもデリケート。

潤いが逃げやすく、バリア機能が未熟なため、

外的な刺激にも弱いのです。

そんな赤ちゃんの肌をどうやって守ってあげたらよいのでしょうか。

今回は赤ちゃんのスキンケア方法についてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの肌はデリケート

skincare-akacyan02

赤ちゃんの肌の構造は、大人と同じではありますが、

構成比が異なります。

皮膚は上から「表皮」「真皮」「皮膚構造」からなっていますが、

赤ちゃんの表皮、真皮はその層がとても薄く、

真皮の厚みなどは大人の3分の1くらいしかありません。

また、赤ちゃんの表皮はまだバリア的な役割が不十分で、

乾燥や、外的刺激、紫外線などで傷ついたり、かぶれたりしがちです。

皮脂の分泌量も不安定で、生後3か月くらまではホルモンの影響で、

皮脂や汗の分泌量が多く、乳児湿疹もできやすい時期です。

3か月を過ぎると、今度は皮脂の分泌量が減って、

皮脂膜が形成されず、水分が失われやすい状態になります。

刺激にも敏感で、乾燥しやすくなるため、

そこに汚れや汗、虫さされなど外的要因が加わると

湿疹などのトラブルを起こしやすくなります。

さらに新陳代謝が活発ですから、

汗や皮脂、汚れのたまった皮膚の垢が表面にたまりやすいのです。

つまり、赤ちゃんの肌は汚れやすく、

敏感、乾燥しやすく、傷つきやすいデリケートな肌なのです。

清潔や保湿を保つために細やかなケアが必要です。

かといって大人と同じようなスキンケアを行ったり、

同じアイテムを使ったりするのはNGです。

赤ちゃんの肌には赤ちゃん用として作られたものがありますから、

そういう低刺激のものを使い、

使用法を守ってスキンケアしてあげるようにしましょう。

赤ちゃんのスキンケア方法

skincare-akacyan03

赤ちゃんの顔や体にできる湿疹は乳児湿疹と呼ばれます。

乳児湿疹の基本的なスキンケア方法ですが、

  1. 石鹸の泡で優しく洗う。
  2. 汗はガーゼなどでこまめにふき取り、熱があって入浴させられないときは濡らしたガーゼで顔や頭から全身をふいてあげましょう。湿疹がひどい場合は朝起きたときにも拭いてあげてください。
  3. 石鹸で洗った後はベビーローションなどで保湿してあげましょう。洗いっぱなしにしていると肌が乾燥します
  4. 爪を短く切って赤ちゃんが自分で、かきこわさないようにしましょう。かきこわすとそこから雑菌が入って化膿することもあります。

赤ちゃんのスキンケア沐浴方法を紹介している動画がありましたので、

よかったらこちらも参考にしてください。

新生児のためのスキンケア沐浴法

とにかく赤ちゃんの肌は清潔に保つのが大切です。

そして洗ってあげた後は必ず保湿。

それが基本になります。

それさえ守っていれば、湿疹もたいていは自然に治っていきます。

あまりひどい時は小児科に行って相談しましょう。

スキンケア沐浴の注意点

赤ちゃんの入浴はぬるめのお湯(38~39度)が適切です。

温めるよりも汚れを落とすことが主な目的です。

湯船につかる時間は3~5分くらい。

ベビー用せっけんやベビー用シャンプーを使いましょう。

ガーゼやタオルでごしごしこすらず、お母さんの手でやさしくなで洗いましょう。

洗ってあげたら5分以内に保湿ケアをしてあげてください。

保湿アイテムはベビーローション、ベビークリーム、ベビーオイルがあります。

ベビーローションは化粧水タイプと乳液タイプがありますが、

後者の方が高い保湿効果があります。

冬場や乾燥が気になる時には、クリームやオイルと併用するとよいでしょう。

オイルは耳やおへそのケアにも使えます。

 skincare-akacyan04引用:http://baby.goo.ne.jp/member/special/61/

いかがでしょうか。

ありきたりなスキンケア方法の説明だったかもしれませんが、

基本を押さえてさえいれば大丈夫です。

しっかりスキンケアしてあげて、

赤ちゃんの玉のような肌を守ってあげたいですよね。

3歳までしっかりスキンケアをしてあげれば、

きれいな肌をキープする力がついて将来の美肌にもつながるそうですよ。

おかあさん、がんばってください!!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">