美人コンテストの始まりはいつか

こんにちは!電車のおともです。

美人コンテストっていろんなところで開催されていますが、

これって、美人さを競うというなかなかおもしろいコンテストだと思います。

今でこそ、当たり前ですが、

これを始めようとおもった人が気になったので、

その起源について調べてみました。

10_03

この美人コンテンテストの始まりはかなり古く、

明治17年の東中、むすめ義太夫が

日本で最初の美人コンクールだそうです。

吉原の松川家とび助が11万5000票を獲得してトップになったそうです。

誰??って感じですが、

この人が日本で初めて美人コンクールの優勝者だそうです。

その後、明治41年になって「時事新報」で

「全国美人写真コンクール」というのを行っていました。

このときの1位は小倉市長の娘、末広ヒロ子さんが獲得。

しかし、当時は美人コンクールの理解がなく、

当時、末広ヒロ子さんが在席していた学習院女子学部を

退学にさせられたそうです・・・。

まだ、美人コンテストというものが理解されておらず

かなり卑猥なことだと思われたのでしょうね。

大正から昭和にかけても、

写真美人コンテンストは根強い人気があり、

かなり流行していたようです。

しかし、その後戦争によりすっかり影をひそめてしまったようです。

戦後の22年「ミス東京」や28年の「ミス・カーニバル」などが

有名ですが、これがさらに発展して、

「ミス脚線美」

「ミス・オッパイ」

「ミス逆立ち」

などかなりマニアックなコンテストも

大流行りしたそうです。

近年では、AKBの総選挙など、

なんでもランキングが好きな日本人の特性は

今も昔も変わらないんですね。

以上、おもしろい雑学の知恵袋がお届けしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">