子ども(幼稚園児)のスキンケア方法と注意点は?

skincare-kodomo01

健康な子どもの肌は、すべすべで透明感があり、

つやがあって柔らかくて、大人から見るとうらやましい限りですよね。

でも、子どもの肌はとてもデリケートです。

そんな子どものためのスキンケア方法と

注意点についてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

子どもの肌の特徴

skincare-kodomo02

 思春期まではホルモン分泌も不十分で

皮膚の防御機能が発達していません。

皮膚自体も薄いので、ちょっとした刺激にも反応しやすく、過敏です。

また大人と同じ数の汗腺があるので、

とてもたくさんの汗をかきます。

もし肌が乾燥したり、傷ややけどに見舞われたり、

そこに汗や雑菌が入ったら、トラブルを起こすことになります。

また、すべての機能が発達途上で未熟であることも考慮しなければなりません。

ですので、子どものスキンケア方法は大人と同じというわけにはいかないのです。

子どものスキンケア

最近では、こちらの動画のような、

子どものためのスキンケア用品もでてきています。

子どもには子どものスキンケア商品を選んであげてくださいね。

キッズ&マミー 子どもとママの紫外線対策スキンケア

子どもは保湿成分をたくさんもっていますが、

角質層が未熟で皮脂の分泌が少ないので、

大人よりも水分を保持する力は弱いです。

そのため何もしないでいると、

肌に含まれる水分が蒸発しやすく乾燥してしまいます。

そうすると防御機能も弱いために、

細菌やウィルスでトラブルを起こすことが多くなります。

子どもの肌を守るためにしっかりスキンケアをしてあげましょう。

子どものスキンケア方法のポイントは、

清潔にしてあげて、保湿を気遣い、汗をしっかりかかせることです。

清潔:

子どもは汗をよくかきます。汗をかかせたままにして、そのまま付着すると雑菌がついて肌にダメージを与えてしまいます。毎日入浴やシャワーを浴びさせるなど、清潔に保ってあげることを心がけましょう。

保湿:

肌が乾燥しているときは体自体も乾燥していることも多いので、十分に水分補給をしてあげて、部屋の温度や湿度にも気を遣いましょう。不足している皮脂を補ってあげるために、ベビーオイルや、ベビーミルク、軟膏などを塗ってあげましょう。

しっかり汗をかかせる:

いうまでもなく子どもは新陳代謝が活発です。排尿や排便だけではなく、汗をかくことによって老廃物を排せつしていますので、しっかりと汗をかかせることも重要です。

注意点

skincare-kodomo03

肌の状態は外的要因ばかりではなく、

内的なものにも深く影響されます。

生活のリズムやバランスが崩れれば、

大人でも肌荒れを起こしたりしますよね。

ましては全てにおいてデリケートな子どもの体や肌ですから、

少しでもそのようなことがあるともろに影響をうけます、

自律神経が乱れ、瞬く間に肌に表れることがあるのです。

ストレスや不安、恐れなどの心の状態にも気を付けてあげましょう。

外的なことだけではなく、内的なことにも

気遣ってあげるのが本当の子どものためのスキンケア方法です。

また、先に申し上げましたように、

清潔にしてあげることは、子どものスキンケア方法として本当に大事です。

夏は汗をかき、汗を流すために、

冬は保湿と保温のために、できれば毎日入浴させてあげるのが理想的です。

お風呂でのスキンシップも精神的な安心感を与えてあげるうえで効果的です。

それが無理なときはシャワーだけでも浴びさせてあげましょう。

あるいはぬれたタオルで拭いてあげるだけでも随分違います。

子どもを守ってあげるのは、私たち大人の役目ですよね。

まだまだ何もできない子どもたちを

愛情を持ってしっかりと育ててあげましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">