名刺を始めに使い出した人

 ビジネスではじめて会う人には

名刺を使って自己紹介する習慣がありますが、

この名刺を使いだした人って誰なのかなぁと思い調べてみました。

 名刺のはじまり

名刺といえば、手のひらサイズの紙が

今では一般的ですね。

名刺の起源って、

欧米のほうから始まったのかな

って思っていたのですが、

実は、名刺の起源は、中国だったのです。

中国で、竹を削って姓名を記していたのが

名刺の始まりだと言われています。

 その後、西洋にも伝わり、

紙に姓名を印刷するようになったのは

近代に入ってからだということ。

日本では、最初に名刺を使ったのは、

文久三年、

フランスに使節として派遣された

池田筑後守長顕だそうです。

現地の印刷屋に依頼したそうです。

デザインはアゲハチョウの紋章の下に

自分の姓名を記したそうです。

なかなかオシャレそうです。

一般的に利用されるようになったのは、

明治30年代に以降。

それ以前は、外国人と正式なつきあいの場

だけで利用されていたようです。

大正時代の戦後成金で

名刺を金箔でつくらせたりもしていたそうです。

ぜひ、何回も名刺交換させていただきたい

ものですね。

あと、日本では名刺は初対面では

かならず交換するという商習慣と

なっていますが、

実は、外国人は日本ほど

名刺を乱用しないようですね。

むしろ、公式な社交用として

名刺を利用するという考え方があるそうです。

普段利用している名刺にも、

プチ雑学があったので、楽しめました。

以上、おもしろい雑学の知恵袋がお届けしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">