花粉症で肌荒れに((+_+))花粉症対策に効く食べ物は?

images

鼻ぐすぐす、涙目、目のかゆみ、くしゃみ・・・花粉症って本当にうっとうしいですよね。薬を飲んでもなかなか効き目がない、短時間しかもたないなどお悩みの方も多いのではないでしょうか。

では、この花粉症の原因は何で、どうすれば緩和できるのでしょうか。また、花粉症による肌荒れはどうやって解決すればよいのでしょうか。有効な対策になる食べ物などはあるのでしょうか。

花粉症の原因

花粉症

まずは原因究明からいきましょう。原因が分からないと対策も立てられませんからね。

以下の動画がありましたので、ご参考までに。

花粉症対策 秘訣はアレルギー体質改善!アトピー 喘息 じんましん 蓄膿症 花粉症などアレルギー症状改善治療法!

花粉症はかなり最近の病気です。日本では約40年前に初めてブタクサによる花粉症患者が発見され、その2年後にスギ花粉症患者が発見されました。以来花粉症患者が急速に増えていったのはご存じの通りです。

花粉症とは、簡単に言えば特定の花粉によって起こるアレルギー性の病気です。しかも困ったことに、それまで何ともなかった人がある一定の年齢に達したときに急に発症する例も少なくないのです。それではどのような人がかかりやすいのでしょうか。

アレルギー体質の強い人:

アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、喘息などアレルギー体質の人がなりやすいと言えます。

生活が不規則な人:

食生活が乱れ、インスタント食品やコンビニ弁当、スナック菓子やジャンクフードなどでほとんど済ませている人はアレルギー体質になりやすく、また睡眠不足や過度の飲酒、喫煙など健康に悪いことを重ねていると自律神経が乱れアレルギー体質の引き金となります。

都市的な生活をしている人:

交通の往来の激しいアスファルト道路やコンクリートのビルに囲まれた環境に住んだり働いたりしていると、排気ガスによる大気汚染から、花粉症の増加に繋がる場合もあります。

1つでも心当たりのある人は気を付けて今後の対策の参考になさってください。

生活改善によって症状が緩和することもあります。

また、アレルゲンは人によって違いますので、市販の薬を飲み続けるよりは、クリニックで調べてもらって本人に合った薬を処方してもらう方が有効です。

花粉症で肌荒れする理由

花粉症2花粉症などアレルギー症状の出る方は、肌荒れが起こる可能性も高いと言えます。アンケートなどで花粉症が肌に影響があると答えた人が7割にも上るという調査結果もあります。

原因としては、アレルギー症状の出ているときは、肌のバリア機能も低下しているということが考えられます。健康な肌はバリア機能が正常に働いて、水分を適度に保ち、外からの異物を寄せ付けないのですが、バリア機能が低下すると、肌の水分は蒸発してしまい、異物の侵入を許してしまうのです。

このような状態になってしまうと、かさかさと乾燥したり、ひりひりして赤くなったりします。アレルギー症状から肌荒れを起こした場合、皮膚科に相談に行き、化粧品も敏感肌用を使うようにした方がよいでしょう。

実は私も15年ほどまえ、いきなり肌荒れの症状に悩まされたときがあり、その時は丹羽靭負さんというアトピー性皮膚炎の研究をされている先生の講演会に行き、お薬を買って帰ってきました。少々値段は高かったのですが、ステロイドを跡にならないよう、症状によって使い分けるお薬は効果てきめんでした。それ以降はニワナEXという健康食品を飲み続け、二度といわゆるアトピー性皮膚炎に悩まされることはなくなりました。

ご興味のある方はこちらをご覧ください。

個人差はあると思いますが、私は昔、塾の講師をしていた頃に、アトピー性皮膚炎のひどいお子さんに紹介してそのお子さんが治ったということもありました。アレルギー性の肌荒れが疑われる時は、私のように講演会を訪れてみるとよいでしょう。

花粉症対策になる食べ物

さて、それでは花粉症対策になる食べ物はあるのでしょうか。

花粉症3花粉症の悩みを解決してくれるのが、乳酸菌とポリフェノールと言われていますから、ヨーグルトやぶどうジュースなどがよいでしょう。無論赤ワインもポリフェノールが豊富なのですが、アルコールは一種の刺激物ですから、もしかすると花粉症対策のために飲むのはよくないかもしれません。

また、粘膜を守るビタミンAや抵抗力を強くするビタミンCも必要ですから、野菜は不可欠です。また粘膜が正常に働くためや代謝をよくするためにビタミンB2B6も必要ですから、これらの栄養素を含む卵や納豆、マグロの刺身やバナナなどの食べ物も摂りましょう。毎日のことですから、花粉症でなくとも食べ物に気を遣うのは健康の基本ですね。

なかなか日常生活で食する食べ物で大量にはとれにくいポリフェノールや、ヨーグルトが苦手な方はサプリメントで摂るのも一つの対策と言えます。あまりサプリメントを信仰するのも考えものですが、食べ物ではなかなか摂取できない場合に利用するのは賢明な方法で、むしろサプリメントとは、こういう使い方をするのが適切と思われます。これらは肌荒れの症状にもよい影響を及ぼすでしょう。

花粉症の原因と対策、女性が気になる肌荒れや対策になりそうな食べ物について色々調べてみました。少しでもお役に立てる情報をご提供できたのであれば嬉しく思います。

お辛い時も何とか工夫して乗り切ってくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">