風邪に効く食べ物!コレですぐ治そう!!

 kaze-kiku-tabemono01

風邪に効く食べ物にはどんなものがあるのでしょうか。

昔はおかゆに梅干しなどと言われましたが、今では色々な食物が氾濫しており、もっと栄養豊富で体によさそうなものもたくさん出ていますね。

ただ脂肪分など、風邪の時はあまり摂らない方がよい成分などもあります。

風邪の時にはどんな成分が効くのか、またどんな食べ物が回復に効果的なのかをご紹介させていただきます。

風邪を治すために必要な成分は?

kaze-kiku-tabemono02

風邪を治すために必要な成分はビタミンA,C,B1や良質のアミノ酸、エネルギーに代わりやすい炭水化物、亜鉛などですが、風邪のため食欲のない時には無理して食べる必要はありません。

それよりも水分を十分に摂ることが大切です。スポーツドリンクや水、お茶などを摂って、脱水症状を起こさないようにしましょう。

また食物は入るようであれば、食べたいものを少量よく噛んで食べましょう。治れば嫌でも食欲はわいてきます。食べたくもないのに、栄養価が高いからと無理して食べようとしても返ってもどしてしまったりする恐れもありますから、たとえば、プリンやアイスクリームなら食べられそうということであればそれを召し上がったらよいでしょう。

風邪に効く食べ物

以下の動画が見つかりました。参考になさってください。

食事で風邪を早く治すコツ

風邪に効く食べ物というと真っ先に思い浮かぶのが生姜とネギではないでしょうか。

これらの食べ物は、熱は高くないが寒気がするといった風邪の引き始めの症状に効果的です。

発汗を促して血行をよくし、体を温める作用があるからです。

この風邪のひき始めによく効くネギと生姜を使った簡単レシピをご紹介させていただきます。

焼きねぎの柚子胡椒レモンマリネ

フライパンでじっくり焼いたネギを醤油大匙1、レモン汁、オリーブオイル各小匙1、柚子胡椒少々を混ぜたものに漬ける。 参考レシピ

生姜レタス雑炊

レタスを小さく切って鍋に入れ、ご飯と水、だしの素、しょうゆ、チューブ生姜を入れて煮て、ぐつぐつしてきたら、水溶き片栗粉を回しかけてとろみをつけ、お茶碗に盛ったら、最後に鰹節をかける。参考レシピ


また、風邪をひいたときに特に足りなくなる栄養素として、グルタミンとビタミンCが挙げられます。

グルタミンは卵、小麦粉、大豆、魚、肉などに、ビタミンCはパセリ、大葉、ブロッコリ、ピーマンなどの緑黄色野菜、いちご、かんきつ類、柿などの果物に含まれています。

特に卵は消化もいいですし、かんきつ類は年間通して出回っていますから、利用しやすいですね。

また大葉は色々な薬膳効果もある優れた食べ物ですので、利用するといいですよ。

雑炊やおかゆに少量刻んで入れたり、お豆腐の薬味にしたりすれば食欲もわきます。

また、梅干しを焼いてお吸い物に入れたり、胃腸を整える働きのあるにらを卵とじにしたりするなどの工夫もよいでしょう。

風邪のときに効く食べ物のご紹介でした。

風邪に効くといっても特効薬はありませんから、あまりあせらずにとにかく暖かくして睡眠をたっぷりとるのが基本です。

そして、その時の症状に合わせて摂れる栄養を摂れる形で摂って早く風邪は治したいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">