花粉症対策に有効な食べ物は「ヨーグルト」!でも種類と食べ方には要注意

kafun-yogult01

皆様は、市販のヨーグルトを購入されるとき、○○菌とか○○ヨーグルトとか乳酸菌の表示やあるいは、ヨーグルトの名前になっている乳酸菌をパッケージ上にご覧になることがありませんか。あれって何のためにわざわざ表示しているのでしょうか。

どうやらヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類によって効果が色々違うようなのです。

花粉症対策に有望な食べ物として、ヨーグルトとポリフェノールを含む食べ物が挙げられます。しかし、花粉症対策にと思ってせっかく購入されても、花粉症対策としてはあまり効果を発揮できないものもありますし、食べ方によってはあまり効果が出ない食べ方もあります。

今回は花粉症に有効な乳酸菌にはどのようなものがあり、どのような摂り方をすれば効果的なのかということについて、花粉症対策をご紹介したいと思います。

 

 なぜ花粉症に効くのか?

20110511_1822390

乳酸菌は、ヨーグルトという食べ物だけに含まれているわけではなく、みそやしょうゆ、漬物、チーズ、といった食べ物にも含まれています。乳酸菌は、乳糖やブドウ糖などの糖類を養分として増えていく過程で大量の乳酸を作り出してエネルギーを生む有用な菌です。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌だけでも様々な種類があり、それぞれ異なった効果があります。

花粉症はアレルギー症状の一種ですが、体内に入った異物(花粉)を排出しようとして、人体の免疫システムが反応し、くしゃみや鼻水を引き起こすのです。

このアレルギー症状にはTh1細胞およびTh2細胞という2つの免疫システムが関係していると言われています。

この2種類の免疫システムのバランスが正常ですと、その働きが適切にコントロールされるのですが、そのバランスが崩れて、Th2細胞が増殖してしまうと花粉症が起こると報告されています。

この崩れてしまった免疫システムのバランスを整える働きのある乳酸菌を摂るのが、花粉症を抑えるのに有効な対策と言えるでしょう。

花粉症に効くヨーグルト、効かないヨーグルト

それではその中で花粉症に効く菌として報告されている乳酸菌にはどのようなものがあるのでしょうか。

以下に花粉症に効果のあると言われている乳酸菌を挙げてみました。

フェカリス菌:乳酸球菌に分類される球状で小さな菌。一度に多くの菌を摂るのに適しています。朝のYOOなどに含まれています。

L-55乳酸菌:マウスを使った実験でアレルギーを制する効果がみられました。花粉症だけではなく、アトピー性皮膚炎の改善にも効果が期待できます。

LGG乳酸菌:鼻づまりに対する改善が期待できます。アトピー性皮膚炎の改善にも効果が期待できます。

ビフィズス菌LKM512:アトピー性皮膚炎軽減効果の論文がヨーロッパの権威あるアレルギー学会誌に掲載されました。花粉症などで皮膚が荒れた時、有効と思われます。

サプリメントなどでも摂れるようです。

ビフィズス菌BB536:アレルギー症患者44名に花粉が飛ぶ一か月前から摂取してもらったら、花粉症の症状が緩和されたという研究結果が得られました。

以下の動画が見つかりました。

花粉症予防にヨーグルト!BB536ビフィズス菌

文章中のサイトはご参考までにおのせしました。

これらの乳酸菌を含むヨーグルトやサプリメントを利用してごらんになると、よいでしょう。花粉症に効くとされる食べ物はそうたくさんないだけに対策として有効活用したいものです。

花粉症に効果的なヨーグルトの食べ方

2ヨーグルト

上記でもお伝えしましたように、ヨーグルトという食べ物の効果で期待できるのは、免疫系統のバランスを整えて正常なバランスに保つことです。これは体質改善ということで、毎日習慣化し、ある程度の期間続けることによって効果が期待できるのです。ですので、即効性を期待して摂るとがっかりして「なんだ、だめじないか」と止めてしまわれる方が出てくることになります。

花粉症対策としての効果を期待するには、少なくとも花粉発生一か月前から毎日摂る必要があります。症状が出てから摂ってもあまり意味がないようです。

以上、花粉症に効く食べ物ヨーグルトについてまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">