花粉症の症状で咳や頭痛がひどいときの対策方法

images花粉症はつらいものですが、咳が続いたり、頭痛がひどかったりしますと、本当に困りますね。学習や仕事にも響きますし、遊びに行っても楽しくありません。

今回は、花粉症で咳や頭痛がひどいときの対処方法についてご紹介させていただきたいと思います。

花粉症で咳や頭痛がする原因

virus_seki咳には色々な原因があり、様々な疾患が推測されるのですが、風邪の症状もないのに、乾いた咳が長期に渡って続く場合は、アレルギー性のものが原因と考えられます。

花粉症と言えば代表的な症状は鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみや涙目などですが、頭痛、頭が重い、微熱、咳やのどの痛み、かゆみ、顔のかゆみ、耳の痛みなど多岐に渡る場合もあるのです。

花粉症は花粉が付着したことに対する体の拒否反応ですから、のどに入ればのどの奥に遠和感があり、咳が出たりします。喉頭炎や咽頭炎を引き起こすことさえあるのです。

また、気管支に入れば気管支炎になる場合もあり、鼻や耳の粘膜に入れば炎症を起こして痛みを感じることもあり、その痛みが広がって頭痛を訴える人もいるのです。

特に花粉症の症状と一緒に起きる頭痛の原因は、鼻にあるということが多いようです。頻繁に鼻をかんだり、花粉が鼻の粘膜に付着してアレルギーを引き起こしたりして、頭痛につながる場合があるのです。頭痛のみならず、発熱や歯痛まで起こることもあるので、早めの治療をお勧めします。

花粉症の頭痛の症状対処法

kusuri_nomuさて、それではその対処方ですが何かあるのでしょうか。

花粉症が長引く、強い症状になるといったことから、副鼻腔炎や蓄膿症を併発する可能性もあります。これは鼻の左右にある副鼻腔というところに炎症による膿がたまるという状態です。そうなると、花粉症の症状が重くなり、発熱や歯痛、頭重や頭痛といった症状が出ますので、市販の薬を飲むよりは、早めに病院や耳鼻科での受診をされる方がよいでしょう。

花粉症の咳の症状対処法

kaze-kiku-tabemono01それでは次に咳についての対処法ですが、これもうっとうしいものですね。

花粉症の症状の中で喉に異常を感じる人は80%にものぼるそうです。

ただ、風邪やその他の疾患である場合もありますので、こちらも、まず診察を受けて、アレルギーがあるかを調べてアレルゲンも知る必要があります。

ご自分に合った薬(抗アレルギーや漢方薬)を処方してもらい、医師の診断に従って適切な飲み方をするようにしましょう。

また、風邪と同じく、帰宅したら、手洗いうがいを習慣化するようにしましょう。

その他、マスクをする、加湿器を使うなどして、のどを潤すようにします。

辛い時、のど飴やマヌーカハニーなどを使ってみるのもよいかもしれません。

あまりひどいときは、耳鼻科で吸入療法をする、エアロゾルなどの吸入剤を使う(使用後は必ずうがいをする)などしてみましょう。

吸入療法については以下の動画がありましたので、参考になさってください。

後鼻漏を薬ナシで治療≪鼻吸入療法≫副鼻腔炎,蓄膿症もOK

花粉症の不快な症状、咳や頭痛についての対策についてご紹介させていただきました。

少しでもお役にたてれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">