花粉症の症状:のどの痛みを止める方法

mouth_photo2

花粉症の症状と言えば、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、涙目などが代表的なものですが、のどの痛みを感じたり、咳が出たりといった症状もあります。話をしないと言うわけにもいきませんし、食事のときなど、のどの痛みも困りますね。

今回はそんなお悩みに対応する対策についてご紹介させていただきます。

花粉症の症状:のどの痛みの原因

mask_kafun_man

花粉症で喉が痛む場合、いくつかの原因が考えられます。一つは、花粉が喉から器官に入り、乾いた咳が続き重症になってしまう場合です。気管支の粘膜まで腫れて、のどの痛みや呼吸困難まで起こることがあります。

また、花粉症になると鼻水、鼻づまりに苦しめられたりしますが、鼻が詰まってしまうと、口で呼吸することになり、口の中が渇き、喉まで乾燥してしまうことがあります。さらに乾いた外気が入ると炎症が起こり、喉の粘膜を傷めてしまい、喉が痛くなります。

花粉症で鼻水が出ると、それが喉にまで流れて喉や気管支に炎症を起こし、痛みが起こる場合もあります。免疫低下から付着したほこりや雑菌の繁殖により咽頭痛を引き起こすことになることもあります。

いずれにせよ、喉の粘膜を傷めてしまうことから起こる症状です。

のどの痛みを止める方法

nodoame

それではのどの痛みを止めるにはどうしたらよいのでしょうか。

アレルギー症状を悪化させると喉頭痛を引き起こすわけですから、そういったアレルギー症状を改善させる処置をする必要があります。

花粉が体内に入るのを防ぐ

外出時にはマスクはもちろんのこと、出来れば帽子やメガネなどもつけてなるべく花粉が体に入り込まないようにします。衣服もつるつるしたほこりや花粉のつきにくいタイプのものを選びます。喉を温めた方がよいので、マフラーもした方がよいです。

花粉を体内から出す

帰宅後は必ずうがい、手洗い、洗顔をして、ついた花粉を落とすようにします。特にうがいは効果的です。水の代わりにお湯やお茶を使うのもいいでしょう。お茶は殺菌効果もありますのでお勧めです。若干しみるかもしれませんが、塩水での鼻うがいなどもいいでしょう。鼻うがいは鼻から塩水を吸って口から出す方法です。

やり方は以下の動画に出ています。

効果はかなりあって症状は改善するようですよ。

乾燥を防ぐ

花粉症でも風邪でも、乾燥はのどの痛みによくないので、部屋の湿度を適度の保つようにしましょう。加湿器があればよいのですが、なくても沸かしたお湯を置いておくとか、コップ一杯のお水を置いておく、ぬれタオルを置いておくなどでも大丈夫です。

刺激物を控える

タバコはもちろんのこと、辛いもの酸味の強いものなど刺激物も控えましょう。みかんも酸味の強いものはお勧めできません。また、のど飴等を使うのもよいのですが、あまり摂りすぎないようにしましょう。マヌーカハニーが効くという報告もあります。また、昔から使われている大根飴を試してみてもよいでしょう。

大根飴の作り方

作り方は1cm角に切った大根4分の一に対してカップ半分の水あめか蜂蜜に漬けて、大根から水分が出てきたら、かき混ぜて、一晩置きます。そままシロップを飲むか甘すぎたらお湯で割って飲みます。

私も一度風邪でしたが、声が出なくなったことがあり、作って飲んだことがあります。それなり効果はありましたし、何より安心なのがいいです。

花粉症ののどの痛みについてご紹介させていただきました。

今後のご参考になさってくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">