カフェオレとカフェラテの違い【知っているようで知らない違い】

caferate-ore-tigai01

普段何気なく喫茶店で注文している「カフェオレ」と「カフェラテ」

カフェオレとカフェラテ、何が違うのか?気になっている人も多いのではないでしょうか。

知っているようで知らない違いシリーズとして、今回はカフェラテとカフェオレの違いについてご紹介させていただきたいと思います。

カフェオレとカフェラテの違い~言語~

 caferate-ore-tigai02

カフェオレはフランス語の「カフェ(コーヒー)+オ(前置詞)+レ(牛乳)」

カフェラテはイタリア語からの造語で「カフェ(コーヒー)+ラテ(牛乳)」

どちらもカッコいい「コーヒー牛乳」の呼び方なのですね。

カフェオレとカフェラテの違い~カフェが違う~

さらに調査をすすめてみました。

すると、カフェラテとカフェオレの違いがある事がわかりました。

カフェオレとカフェラテの違い

カフェオレ

カフェラテ

豆の酸味

多い

少ない

豆の苦味

少ない

多い

豆のひき方

浅煎り

深煎り

抽出方法

ドリップ

エスプレッソ

入れ物の大きさ

大きい

小さめ

コーヒーとミルクの比

50:50

20:80

カフェイン

多い

少ない

実際に自分でいれて飲んでみました。

何も意識せずに飲んでみたのですが、

カフェオレはさらっと飲める。

カフェラテは一口ごとに味がしっかりしている。

といった印象です。

あまり味の違いがわかるほうではないのですが、飲み比べてみるとよくわかります。

カフェオレとカフェラテの違い~ミルクが違う~

caferate-ore-tigai03

何か物足りない気がしてさらに調査を進めると、ミルクの温め方も違う事がわかりました。

カフェオレはミルクパンや電子レンジであたためたミルクを使います。

カフェラテはミルクを入れ物に入れて蒸気で蒸して温めます。

温めたミルクの上が泡立ってくるのですがその下の液体部分のミルクを使います。
(泡立ったものをコーヒーにのせたものはカプチーノでいただきます)

調べてみて、カフェオレとカフェラテの違いがはっきり理解できました。

温かいカフェラテ・カフェオレの注文方法

寒い冬外でカフェラテ・カフェオレを注文するとき、なんてオーダーすればいいか迷ってしまいますよね。

ホットのコーヒー牛乳をオーダーする時の商品名についてまとめてみました。

スターバックス:スターバックスラテ
タリーズ:無
ドトール:カフェラテ
マクドナルド:カフェラテ
コメダ珈琲店:カフェオレ

コーヒーショップでのカフェラテの作り方の動画があるので紹介させていただきます。

カフェラテの作り方!! come si fa il caffe’ latte in ViaQuadronno

おわりに

日本のコーヒーショップでカフェラテが多いのは、コーヒーショップの母体がアメリカに多いせいもあるかもしれません。

アメリカの珈琲はエスプレッソマシーンを使って抽出します。

コーヒー自体が濃いのでカフェラテの方が美味しく飲む事が出来ます。

フランスではカフェオレをとってのついてないカップを手のひらで包んで日常的に飲んでいるそうです。

イタリアでは朝食後にカフェラテを飲んでいるそうです。

カフェオレとカフェラテ似ているけどこんなに違うんですね!!調べて納得です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">