喪中に年賀状が届いた!返信の仕方を例文付でご紹介

kancyuumimai01

喪中ハガキを出さなかった、あるいは出すのを忘れてしまった方、あるいは出したのに喪中であることを忘れてしまった方から年賀状が届いてしまい、あわててしまったことはありませんか。

そんな時どのような文面でどのタイミングでお返事をお出しすればよいのでしょうか。

一般的な礼儀としてわきまえておいた方が無難な事柄と、寒中見舞いとしてお返事する場合の文例などもあわせてここにご紹介させていただこうと思います。

喪中に年賀状が届いた時の返信の仕方

nengajo_07

年賀状が届いたら、すぐにあわててお返事を出すということではなく、7日が過ぎてから、故人を明らかにして投函日を記載の上お出しするのがよいでしょう。こちらが喪中であったことを知らせなかったお詫びを述べます。相手を咎めるのではなく、こちらのお知らせが行き届かなかったという体裁にします。文例はだいたい決まってきますので、あらかじめ印刷を頼んでお返事のハガキを用意されておくのも一つの方法です。

以下の動画が色々と役に立ちそうです。文例なども載っています。

遅れた・喪中だった…やらかしちゃった時の年賀状マナー

参考にされてください。

寒中見舞いの例文をご紹介

thumbnail_kanchumimai

それでは、喪中に年賀状をいただいてしまった場合の寒中見舞いのお返事の文例をいくつかご紹介いたしましょう。

寒中お見舞い申し上げます。

年頭のご挨拶をいただきありがとうございました。

○○(続柄・故人の名前)は昨年○月○日に他界いたしました。

ご通知が遅れましたこと、どうぞお許しください。

故人が生前に賜りましたご厚情に深く感謝するとともに、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

寒中お見舞い申し上げます。

早々のお年賀状、ありがとうございました。

昨年、私どもの義母が亡くなり、新年のご挨拶を控えさせていただきました。欠礼のお知らせも申し上げず、大変失礼いたしました。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

平成◯◯年 一月

寒中お見舞い申し上げます。

皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。年頭にはご丁寧な年賀状をお送り頂きましてありがとうございました。

実は昨年、私どもの祖父が亡くなり、新年のご挨拶を控えさせていただきました。本来であればこちらから欠礼のお知らせを差し上げるべきところ、行き届かずに大変失礼いたしました。

本年もどうぞ変わらぬご厚誼の程、宜しくお願い申し上 げます。

平成◯◯年 一月

といった感じですね。こういった文例をご参考になさって、ご自分でアレンジされてください。こちらはあくまでも文例ですので、これでなければならないということではありません。

また、故人の方が年賀状を受け取る枚数が多かった場合は、喪中ハガキを刷る際に、一緒に寒中見舞いハガキも何枚かご用意されておくとよいかもしれません。

何にせよ、お返事を出すのは世間一般の礼儀ですし、お返事なしでは印象が悪くなるため、必ずお返事のハガキはお出しすることを前提にしておくのがよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">