年賀状の喪中の範囲は?兄弟や祖父、祖母の死も喪中?

 motyu_g1_01b

年賀状の喪中の範囲ってどこまでなのでしょうか。疑問を持たれたことはありませんか?

両親に加えて、兄弟姉妹、祖父、祖母、配偶者の兄弟姉妹、兄弟姉妹の配偶者・・広がり出すときりがないのですが、この続柄の範囲の限界をどのように判断したらよいのでしょうか。今回はそのことについてお話していきたいと思います。

両親や兄弟姉妹、祖父や祖母など愛する人の永眠は考えるだけでつらくなりますが、いつかは訪れる時がくるのですから、いざという時のために知識を得ておくと役に立ちます。

喪中とは?

illust12

近親者が亡くなった時に、一定の期間その死を悼み、行動や身を慎むといった習慣が古くから受け継がれており、今なお身内の方が亡くなった年は、年賀状を出すことを控えるという形で部分的に残っているのです。死はある意味、人生における最大にして最後のイベントであり、死者は誰であっても畏敬され、悼まれるべきであるという一つの証なのかもしれませんね。

また昔は、死は穢れの一種と考えられていましたので、身内に死者が出ると、その穢れが他者に波及しないよう、一定の期間他の人と相対さないように暮らしていたので、そういった習わしから残っているとも言えるでしょう。

喪中ハガキが突然届いて驚かれる方もおられると思いますが、以下の動画が参考になりそうです。

喪中ハガキが届いたら進物線香を。まだの方はそろそろお急ぎを。

親族の喪中の範囲は?

oshoushiki_gosyoukou

一般的には二親等までが喪中の範囲とされています。

0親等:夫、妻

一親等:父母、配偶者の父母、子ども

二親等:自分および配偶者の兄弟、姉妹、兄弟姉妹の配偶者、祖父、祖母、孫

となります。

したがって喪中の範囲となるのは、ここまでの関係にある人たちまでということになります。

しかしこれは一般的な話であり、三親等(自分および配偶者の曾祖父、曾祖母、甥姪、伯叔父母、その配偶者)の場合は喪に服してはいけないということではありません。その関係性の深さによって決めればよいということです。

兄弟姉妹でも疎遠になってしまっている人たちもおられるでしょうし、祖父や祖母とはほとんど接触がないという方もおられるでしょう。また一方で長年家族として暮らしてきた愛犬を亡くした人が、年賀状を出す心境になれず、喪中ハガキを出すという例もあります。

喪中ハガキを出す範囲は?

喪中ハガキを出す範囲については、普段年賀状のやり取りをしている方々に出せばよいのです。喪中ハガキの本来の意味は「おめでとうと言える心境ではないので、年始のご挨拶は遠慮させていただきたいのです」ということですが、毎年のように年賀状をくださる方にそのことをお伝えするという意味もあります。早い人は12月の始めに年賀状を書き始めるので、11月中に着くように出してあげるのが、親切です。

kanchuhagaki_y_01_1sn

もし、喪中のハガキを出さなかった相手から年賀状が届いてしまったら、7日が過ぎてから、寒中見舞いや挨拶状として、故人を明らかにして、喪中であった旨を伝えましょう。賀などのおめでたい文字は避けて、投函日の日付とします。

今回は喪中ハガキの範囲についてのお話をしてみました。参考になさってくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">