バースデーカードの作り方・文例集をご紹介

大切な人の誕生日にメッセージを送る、

「バースデーカード」

手作りで作ってあげると、感謝の気持ちが伝わりますね。

そんなバースデーカードの作り方や、文例についてご紹介させていただきます。

個性的な手作りの作品として、

こんな立体的なバースデーカードの作り方も紹介されています。

ここまでこると、さすがに大変ですが、

もっと簡単なものでも十分気持ちは伝わると思います。

それでは誰でも簡単に作れるバースデーカードの作り方や文例について

ご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

バースデーカードの書き方・書く位置

birthday1

バースデーカードは縦折りなのか、

横折りなのかで印象も変わってきます。

基本的に、誰に渡す場合でもどちらでも問題はありません。

基本はグリーティングカードの内側の片面にメッセージを記載します。

縦折りカードの場合は右側の面、横折りカードの場合は下側の面に、

相手の名前「Dear 名前」など入れ「Happy Birthday!」と記載し、

そのあとに想い・感謝の気持ちを伝えます。

そして最後に自分の名前を書く事は忘れないようにしましょう。

バースデーカードの色使い

birthday2

メッセージは基本、黒、もしくはブルーで書くのがオススメです。

やはり、誕生日というだけに薄いオレンジなど、

薄い色で見えづらい文字の色だと気持ちが入っていても、

伝わりづらくなりますので避けましょう。

(薄いオレンジ、薄い緑など…)

そして、色使いも何色も使ってしまうと、

統一感がなく、センスのないバースデーカードになってしまいますので、

そこも注意が必要です。

色使いは誕生日らしく豪華に、

何色も使って華やかさを出すのも効果的ですが、

装飾的な意味合いで文字の周りを豪華にする程度にしてあげてください。

バースデーカードの入れ方

birthday3

バースデーカードに入れるカードの向きですが、

縦開きの場合、カードの正面が封筒の表側を向くように入れるのが、

正しい入れ方です。

ただ、これも決まりはなく、相手の期待をあげ、

すぐに見せたくないという場合は

向きを反対にして入れることも十分にありだと思います。

ただ、元来、バースデーカードに関わらず、

祝儀袋にお金を入れる時と同じで裏向きで入れるのは

マナー違反でもあります。

封筒など表向きの面に表向きで入れるのが基本と

なっていることは忘れないでください。

ただ、バースデーカードではそこまで神経質に

ならなくても大丈夫です。

バースデーメッセージ文例集

birthday4

ここまでで、メッセージカードの作り方については

分かってきたのではないでしょうか。

でも、具体的に何を書けばよいか

わからない。

と戸惑ってしまう人もいるかと思います。

そんなときは、基本的な文例を参考にしてみてください。

具体的な文例についていくつかご紹介させていただきます。

これを参考にあなたらしい、言葉でメッセージを作成してみてください。

お誕生日おめでとう!素敵な歳を過ごしてね。

ハッピーバースデー!!これからも一緒にバカなことしていこうぜ!

気付いたら、○歳だね。早いね。これからもずっとずっとお互い成長していこうね。

もう○才だね!いい一年だったかな?私達ずっと友達だよ。そしてまた来年も「おめでとう」って言わせてね♪今日は本当に誕生日おめでとう!

Happy Birthday!いつも何かある時はアドバイスくれたり、いろんな悩みを聞いてくれてありがとう。本当にいつも感謝してるよ。これからもずっと私の頼れる友人でいてね。

いつも素敵な笑顔をありがとう。職場であなたがいることで、みんなも穏やかに仕事ができています。その素敵な笑顔をいつまでも。誕生日おめでとう。

いつまでも健康的で、素敵な女性でいてください。いつも感謝してるよ。ありがとう。そして素敵な歳になりますように、お誕生日おめでとう

以上、バースデーカードの作り方・文例集のご紹介でした。

あなたの個性を活かした、バースデーカードを作成して、

大事な人の誕生日のお祝いの気持ちを伝えてください!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">