エイプリルフールの本当の由来、ギルドって誰?

april-girudo01

他愛のないウソで笑いあえる4月1日のエイプリルフール。
いつもは真面目な友達の、意外なユーモアの才能を発見してびっくり、なんてことも?!
でもそもそも、エイプリルフールの由来は?
ギルドがきっかけ、なんて聞くけど、そもそもギルドって誰?
知ると誰かに話したくなる、エイプリルフールのトリビアをご紹介します。

スポンサーリンク

世界中にあるエイプリルフールの由来

エイプリルフールの由来には多くの説があり、はっきりしたことは分かっていません。
ノアの大洪水の時、陸を見つけるために箱舟から飛ばされた鳩が手ぶらで帰って来た日だとか。
ユダに裏切られて死んだイエス・キリストの命日だとか。
面白いことに、欧米発祥のエイプリルフールなのに、ヒンズー教や仏教にも「エイプリルフールの由来」とされる出来事があります。
たとえば、3月末まで厳しい修行をするお坊さんも、4月1日には元の煩悩だらけの性格に戻っちゃうから、なんてものも。

ウソは人間と切っても切り離せないもの。
人間くささの象徴であるウソにまつわるエピソードが世界中にあるのも無理はありません。

最有力説は、大量処刑への抗議?!

そんな中で、もっとも有力な説と言われるのは、新暦にまつわるものです。
それまで3月25日に新年を迎え、4月1日までお祭りが行なわれていた地域に、フランスのシャルル9世がグレゴリオ暦を導入し、1月1日を新年と決めました
王はそれに反対した人々を片っぱしから処刑
その中には13歳の少女も含まれていました。
人々はそれに対する抗議として、4月1日を「嘘の新年」として祝うようになったのだとか
エイプリルフールの由来としては、ちょっと悲しいエピソードですね。

そもそも、長く暗い冬を過ごすヨーロッパでは、春はとても待ち遠しいもの。
もともと4月1日頃には春の訪れを喜ぶさまざまな祭りが行なわれていました。
エイプリルフールも、そんな人々の陽気な気分が生んだお祝いなのかもしれません。
そんな気分が見てとれるイースターの動画をご紹介します。
みんなとっても楽しそうですね!

「Фолк-группа Талица – Пасха (Easter)」

「ギルドの計算ミス」説はほんと?

april-girudo02

最近よく聞くエイプリルフールの由来として「ギルドの計算ミス」説があります。
そもそもギルドって誰?という人のために、歴史のおさらいをしましょう。
ギルドとは、18世紀のヨーロッパに実在した、商売人たちの組合のことです。
はい、おさらい終わり。
さて彼らギルドは商売人ですから、1年間毎日帳簿をつけるのですが、時たつうちに次第に計算ミスが出てきます。
そこで新年度がスタートする4月1日に計算間違いをチャラにし、帳簿をリセットしたのがエイプリルフールの由来、という話がここ数年まことしやかにささやかれています。
でも実は、これもエイプリルフールのウソ

毎年そんなことしてたら、ギルド信用なくなっちゃうから!
商売人がそんなことするわけないだろ!と思わず突っ込みたくなりますよね。
それでも、18世紀といいギルドといい、なかなか雰囲気のあるネタではあります。

ウソや煩悩、そして悲しいエピソードも秘められたエイプリルフール。
今のように他愛なく笑い合えるお祭りになって、ほんとうに良かったですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">