バレンタインデーに英語でメッセージカードを贈ろう!英語例文を友達・本命など相手別にご紹介

varentain-eigo-msg01

2月といえばバレンタインデーですが、皆さんはもう誰にチョコレートを渡すかお決まりですか?義理チョコ、手作りチョコ、本命チョコ、友チョコなど、様々なチョコレートが多くの人のもとへ届くバレンタインデー。

そのチョコレートにあなたの想いを乗せてみませんか。そんなの気恥ずかしいという方は、ちょっぴりお洒落に英語のメッセージを付けてみてはいかがでしょう。

今回は英語のメッセージカードの書き方を友達や本命の人など、相手別にご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

王道のメッセージ

varentain-eigo-msg02

Happy Valentine!

Happy Valentine’s day!

「バレンタインおめでとう!」という意味の王道メッセージです。これは誰にでも使えるお決まり文句。

大好きな友達に「友チョコ」メッセージ

You are my best friend! Be my dear forever!
(訳:あなたは私の親友よ!いつまでも大切な人でいてね!)

I always say you thanks. You’re my best supporter.
(訳:いつもありがとう。あなたは私の良き理解者よ)

I wish you HAPPY!
Be HAPPY forever!
(訳:お幸せに!)

結婚した友人に送るメッセージですが、そうでない時にも使えます。心から幸せを願う友に贈ってみてもいいですね。

お世話になった人に届ける感謝のメッセージ

varentain-eigo-msg03

I appreciate you.
(訳:(丁寧なニュアンスで)ありがとうございます)

この表現はいくつかアレンジができます。

I appreciate for○○
(訳:○○に感謝します)

例:I appreciate for your message.(あなたのメッセージに感謝します)

I appreciate your○○
(訳:あなたの○○に感謝します)

例:I appreciate your understanding.(あなたのご理解に感謝します)

勿論「thank」を使用しても良いのですが、よりフレキシブルになるため、近い距離にいる人に使うと良いでしょう。

例えばお父さんに「Thanks always!(いつもありがとう!)」とひと言添えるだけでもきっと喜んでもらえると思います。

ドキドキの本命チョコ 想いを伝えるには

varentain-eigo-msg04

まずど直球派から参りましょう。

I love you!
(愛してる!)

これがストレートでなんの混じり気もなく、思いが伝わるでしょう。

ちょっとフランス人やイタリア人のようにキザな言い回しを使うなら

I want you.
(貴方が欲しい)

ただ、これはどちらかと言うと男性から女性へ使う事の方が多いので、しとやかな大和撫子にはちょこっとハードルが高い表現かもしれません。

愛を語る言葉は沢山ありますが、ちょっぴりロマンチックなメッセージをご紹介。

My heartbeat disrupts sleep every night.
(直訳:私の鼓動が毎晩私の睡眠の邪魔をするの)

要するに、あなたの事を想うと眠れないわ、という事をほのめかす一文です。

ご存知でしたか?「Valentine」に込められた意味

Be my valentine!
(私のバレンタインになって!)

You are my valentine.
(あなたは私のバレンタインです)

これ、何の事か分かりますか?実は、ここでのバレンタインは「大切な人」という意味で使われているんです。ストレートに愛の言葉をぶつけるのはちょっと…という方にオススメのひと言です。

英語のバレンタインデーのメッセージが次々浮かんでくる動画ですね。

また、こちらのリンクに英語のメッセージの例が沢山掲載されておりますので、参考にされるのも良いかもしれませんね。

まとめ

バレンタインデーは、年に一度の女性から男性への思いを伝える絶好の機会です。

英語であれば、照れくさい表現でも思い切って伝えることができますね。ぜひ、バレンタインのプレゼントにはメッセージカードを添えて普段の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">