そうだ!ニューヨークへ行こう。ゴールデンウィーク(GW)に楽しむおすすめスポットをご紹介(海外旅行編)

newyork01

今年のゴールデンウィークはどこへ行こう……
国内や近場のアジア諸国を候補先に思い浮かべている方が多いのではないでしょうか。
ニューヨークへはいつか行ってみたいけれど、ゴールデンウィークのたった数日で行くには遠いし、見どころが多すぎて愉しみきれなさそう……
そう思ってニューヨークを候補先から外している方も多いのではないでしょうか。
そんなことはありません!
5日程度のお休みでも十分ニューヨークを満喫することは可能です!
短いお休みでも見どころをきっちり押さえて、効率よく愉しめるように、おすすめ観光情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

絶対はずせない観光スポット!

映画やドラマで度々登場する憧れの場所には是非とも行きたいですよね。
期待通りの見応えがあり、かつアクセスが良いスポットを選びました。

1. グランドセントラル

newyork02出典:http://www.nycgo.com/venues/grand-central

まずはマンハッタンのターミナル駅として知られるグランドセントラル。
構内の中心にある時計台の前に立てば誰もがニューヨークに来たことを実感できるはず。
鮮やかな青い天井に描かれた星座も必見です。
しばし足を止めて、荘厳な駅舎やそこを行き交う人々によって創り出される独特の雰囲気を堪能しましょう。
地下に下るとレストランやファストフード店が軒を連ねています。
その中で有名なのが1913年創業のオイスターバー。
そこでいただく本場アメリカのクラムチャウダーは格別です。

2. ニューヨーク公共図書館

二頭のライオン像が悠然と構えるニューヨーク公共図書館は、映画『sex and the city2』 で主人公キャリーが恋人ミスタービッグとの結婚式場として選んだ場所として見覚えがある方も多いのではないでしょうか。
その大きさ、その美しさは目を見張るほど。
館内の資料室には黒光りしている上質な机と椅子が並び、たくさんの人がそこで読書したりパソコンで作業をしたりしています。
休憩がてら椅子に座って静かな時間を愉しんでみましょう。

3. セントラルパーク

newyork03出典:http://www.nycgo.com/venues/central-park

世界一有名な公園といえばやっぱりセントラルパーク。
立ち寄らないわけにはいきません。
ただし広いので園内の訪れてみたい場所を絞るのが賢明です。
5月の時期におすすめなのは73丁目付近公園中央にあるザ・レイクと呼ばれる池。
お天気のいい日には多くの人がここでボートを愉しみます。
ボートに乗れば愉しいこと間違いなしですが、
ボートが浮かぶ美しい池を眺めているだけでも十分に愉しめます。

お買い物を愉しもう!

ニューヨークといえばやっぱりショッピング。
愉しめること間違いなしのお買い物スポットをまとめました。

1. 五番街

 ニューヨーク五番街といえばお買い物の中心地。

49丁目から59丁目は一流ブランドが軒を連ねる憧れのショッピングストリートです。
華やかな通りを歩くだけでも愉しいですが、是非とも店内に足を踏み入れてみたいのはお馴染みのティファニー本店(57丁目)。
広い店内に並べられたジュエリーの輝きに思わず胸が高鳴ることでしょう。
館内の陽気なエレベータースタッフが歌っていることも……
一流ブランドだからといって格式張らない、なんとも自由で楽しい雰囲気がニューヨークらしさを感じさせます。

2. ユニオンスクエアグリーンマーケット(地下鉄4.5.6 Union square駅より徒歩3分)

五番街のショッピングとは趣を変えて、ニューヨーカーの食を支える青空市場にも足を運んでみましょう(毎週月、水、金、土開催。午前8時から午後5時頃まで)。
ニューヨーク州近郊の農家さんたちによって育てられた野菜や果物、花などが売られています。
おすすめはホームメイドのアップルサイダー。
手作りの優しい味わいを愉しみながら、活気あふれる市場でお買い物をしてみましょう。

美術館に行ってみよう!

newyork05出典:http://www.nycgo.com/venues/the-metropolitan-

ニューヨークには世界的に有名な美術館・博物館がたくさんあります。
アートに詳しい方でなくても、訪れれば規模の大きさや日本の美術館とは全く異なった雰囲気に驚くこと間違いなしです。
古い時代の絵画や彫刻、骨董品に興味がある方はメトロポリタン美術館に、現代アートに関心がある方は現代美術館(MOMA)に、地球の歴史や恐竜の化石に魅力を感じる方はアメリカ自然史博物館に行ってみましょう。
メトロポリタン美術館とアメリカ自然史博物館は大変な広さなので、とても一日では回り切れません。
効率的に回るために、事前にどの展示をみたいのか絞ってから行きましょう。
各ホームページで展示情報を取集することができます。
そしてもう一点、注意したいのは大きな荷物を持って行かないことです。
アメリカの美術館ではテロ対策のために大き目な手荷物は館内の手荷物預かり所に預けなければならないことがあります。
以前、現代美術館に訪れた際、手荷物を預けるために1時間も列に並んだ経験があります。
リュックサックなどは預けなければならない可能性が高いので、荷物はなるべく小さなバッグにまとめましょう。

ブロードウェイミュージカルを観よう!

ニューヨークと言えばミュージカル。
是非とも本場で観てみたいですよね。
英語があまり得意ではない方にはダンスなどの動きが多く、分かり易いストーリーのものがおすすめです。
不動の人気はやっぱり『ライオンキング』。
愉しめること間違いなしです。
その他におすすめするなら人気沸騰中の『アラジン』。
こちらは二週間くらい先まで満席のことがあるので、
できれば事前にチケットをインターネット予約しておくことをお勧めします。
日本語のサイトで購入することもできるので是非確認してみましょう。


↓ブロードウェイミュージカル『アラジン』のビデオクリップはこちらをどうぞ
Prince Ali from ALADDIN on Broadway (Official Lyric Video)

便利情報(GWの時期の服装や気候)

5月初旬のニューヨークは初夏を思わせる明るい陽の光で輝き始めます。
しかし人によっては少し肌寒く感じるかもしれません。
寒がりの私にとっては昨年(2014年)5月はまだまだ寒く、長袖Tシャツの上にウールのセーター、その上にユニクロのライトダウンジャケットを羽織っていました。
街ゆくニューヨーカーの中にはノースリーブのワンピース、素足にサンダルといった服装の人もいましたが、彼らと日本人とでは体感温度が違うような気がします。
薄手のセーターや小さく折りたためるダウンジャケットのようなものを持っていると安心できると思います。

以上、ゴールデンウィークに行くニューヨークの観光スポットとその愉しみ方をご紹介いたしました。
ぜひぜひ今年のゴールデンウィークにはニューヨークもご検討ください!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">