ご存知ですか?ホワイトデーという名前の由来

whiteday-name-yurai01

ワクワク・ドキドキのバレンタインデーが終わると、すぐにホワイトデー。たくさんチョコをもらった人、意外な女子からいただいてビックリな人、アテがはずれた人……、悲喜こもごもでしょうか。

ところで、ホワイトデーという名前の由来、知っていますか?

スポンサーリンク

ホワイトデーの名前由来は、純粋な愛の象徴!?

whiteday-name-yurai02

西暦3世紀、ローマ法王の命で出されていた結婚禁止令にそむき、内緒で結婚式を行って処刑されたバレンタインの命日・2月14日にちなんで生まれたのが、バレンタインデー。

バレンタインデーの1ヵ月後、その男女は改めて永遠の愛を誓い合うという日が、ホワイトデーなのです。

純白のホワイトこそ、若い男女のピュアな愛をたたえるシンボルカラーにふさわしいとされたのが、ホワイトデーという名前の由来です。

「え!そんな、こじ付けなの?」なんて言わないでくださいね。

ホワイトデーという名前の由来は、その誕生にワケがあるのです。

ホワイトデー名前由来は、発祥の地にワケあり!?

whiteday-name-yurai03
ホワイトデーが生まれたのは日本。

バレンタインデーで活況を呈しているチョコレート業界に負けじと、チョコレート以外のお菓子業者さんたちが売上げを伸ばすため、1980年、バレンタインデーの1ヵ月後に設定したのです。

女性からのチョコレートのお返しとして、男性がお菓子を贈るというイベントは、いただいたものはお返しをする、という日本の風習にとてもマッチ。今では、すっかり定着しています。

ホワイトデーという名前の由来も、先ほどご紹介した「男女の純粋な愛のシンボルカラー」という説「マシュマロのホワイト」という説などいろいろ。

いずれにしても、ホワイトデーは日本生まれ、日本育ちのオリジナル文化なのです。

海外でもホワイトデーってあるの?

今日・4月14日はこんな日だった!

韓国と台湾、そして中国の一部で、日本の影響を受けた習慣がありますが、ヨーロッパやアメリカなどでは見当たりません。

韓国のイベントで面白いのが、5月14日の「ブラックデー」。
バレンタインデーに贈り物をもらえなかった男性同士が食事をするというイベントで、ホワイトデーの名前由来の対極にあるブラックジョークです。

そして、ホワイトデーの3月14日、実はアメリカではパイデーといわれています。
パイ、つまり円周率のπのことで、3.14に由来。
円柱率だけに考えたのは物理学者。
2009年にアメリカの下院で認定された、新しいイベントです。
この日はパイを焼いて食べる日で、特に愛の告白とは関係がありません。

ホワイトデー名前由来のポイント

  • バレンタインデーの1ヵ月後、永遠の愛を誓う男女の記念日として誕生。
  • 名前の由来は、純粋な愛のシンボルカラーであるホワイト。
  • 日本のお菓子業界のビジネスアイデアから生まれた日。

ホワイトデーの名前由来にちなんだウンチクを披露しながらプレゼントを渡せば、よりいっそう効果的かも。
ただし、名前由来のウンチクは長く語らず、さらりとクールにキメるのも忘れずに。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">