花粉症対策!7つのくしゃみの止め方

kafun-kusyamitome01

今年もまた、イヤ~な季節がやってきました。
何だか鼻がむずむず…と思ったとたん大きなくしゃみ。
風邪と違って花粉症のくしゃみは何度も連続するので厄介です。
そこで花粉症でお悩みの方のために、くしゃみの起きる原因と、くしゃみの止め方7つをまとめました。

スポンサーリンク

花粉症のくしゃみ、その原因

くしゃみは鼻に入った異物を外に出すための、体の正常な働きです。
花粉だけでなくウイルスや埃など、体内に入れてはいけないものをくしゃみを起こすことで出そうとしているのですから、本当は無理に止めないほうがいいのです。
無理に止めようとすると、はずみで肋骨が折れることさえあるとか。
そうは言ってもやはり人目も気になるし、頭も胸も痛くなるし疲れるし…何とかしたいですよね。
今回は体に負担をかけないくしゃみの止め方をご紹介するので、是非試してみて下さい。
そうそう、くしゃみは鼻の中の神経が刺激されて起きる現象なので、花粉より刺激の強いものに出会うと、神経はそちらを優先してくしゃみを一時的に止めるんだとか。
くしゃみが出る瞬間に、誰かと目が合ったり、びっくりすると、くしゃみが引っこんでしまうのはそのためです。
ただし、これは「止め方」とは言えませんけどね。

くしゃみの止め方

1、 ツボを押す

くしゃみをする神経の伝達を、ツボを押すことでストップさせます。
瞬間的にくしゃみを止めるツボと、花粉症全体の症状を和らげるツボがあります。
手の親指と人差し指が作るV字の根元にある「合谷(ごうこく)」、小鼻の両脇の「迎香(げいこう)」、手の親指の爪の脇にある「小商(しょうしょう)」、首の前にある「天突(てんとつ)」などが有名。
首の後ろや腕にもあるので、自分が押しやすいツボを探して下さい。
ツボが温まっていると効き目がアップするので、ドライヤーの熱風を当てたり、お風呂に入っている時に押すとラクになってきます。
「天突(てんとつ)というツボ」

2、 カトちゃんぺ!

テレビで紹介されて有名になった方法ですが、くしゃみが出る瞬間に鼻の下を2本の指で強く押して、いわゆる「カトちゃんペ!」状態にします。
理屈はツボ押しと同じだと思いますが、かなりの効き目があるようですよ。

3、 鼻をつまむ

鼻がむずむずして、くしゃみが出る!という瞬間に、2本の指で鼻の頭から鼻の穴をふさいでしまう、というもの。
漫画などでよく見かける、くさいものを嗅いだ時の「クッサ~!」という仕草です。
これがなぜ効果があるのかは分かりませんが、考案した人の成功率は100%だとか。

kafun-kusyamitome02


4、 息を吸う

鼻がむずむずした瞬間に、鼻から思いっきり息を吸います。
これでいっぱいいっぱい、と思ったところを、さらに吸う!
鼻の中についた花粉を奥に吸い込み、外に出す必要をなくすわけです。


5、鼻うがい、鼻をかむ

4とは逆に、鼻の中に入った花粉を強制的に外に出すという考え方です。
鼻うがいは、慣れると簡単にできるようになりますよ。


6、 マスクをする

そもそも鼻の中に花粉をいれないため。
花粉症の人にとってはもはや当然の防衛策ではありますが、やはり効果があります。


7、 投薬

耳鼻科や内科で出してもらう抗ヒスタミン薬、漢方、点鼻薬なども効果的です。
早めに行けばそれだけ効き目もあります。
もしかして、と思いつつまだ病院にかかっていない人は、早めに病院に行きましょう。

くしゃみにお悩みの方は、ぜひ実行してみて下さい。
花粉症の季節はまだ始まったばかりですが、くしゃみの止め方も次々と考え出されているようです。
今年は少しでも楽に過ごせるといいですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">