財布を落としたら速攻ですべき、5つの対処法

saifu-ososu-01

財布がない!さあ、一大事。誰かに拾われて、持ち去られていないか?

悪用されていないか?パニック状態になってしまいます。

財布を落とした時、最優先ですべき対処法を5つご紹介します。
落ち着いて順番に対処すれば、必ず最悪の事態は避けられます。

スポンサーリンク

1 まず、カードを停める

saifu-ososu-02

財布に、クレジットカードやキャッシュカードを入れている方も多いと思います。
特にクレジットカードは、サインなしでも使える場合もあるので、
財布を落とした時には、とにかく一番最初にすべき対処法です。

【クレジットカードの使用停止】

ウェブサイト、あるいは電話番号案内で探し、すぐにカード会社へ電話。
ほとんどのカード会社は、365日・24時間対応ですから、深夜・早朝でも大丈夫です。
カードを紛失した旨を告げ、使用を停止してもらい、不正使用がないか確認することも忘れずに。さらに、再発行の手続きも同時に行っておくと便利です。

クレジットカードを再発行するとカード番号が変わるので、
公共料金などの支払いをカードで行っている場合、電力会社などにカード番号変更の連絡をする必要があります。

【キャッシュカードの使用停止】

キャッシュカード発行元の金融機関へすぐに電話。
金融機関も365日・24時間対応ですから、深夜・早朝でも大丈夫です。
紛失した時間の利用履歴を確認することも忘れずに。こちらも再発行の手続きを。

再発行しても口座番号は変わりませんが、カード再発行には手数料がかかります。

2 つぎに、警察署へ届ける

saifu-ososu-03

警察署・交番へ届け出ること。
あなたがお住まいの近くにある警察署の遺失物係へ行って、財布を落とした旨を告げ、所定の用紙に必要事項を記入して対処してください。

届出が出してあれば、財布の中に入っているカードや身分証明書などを悪用しても、不正と判断されますので、必ずすべき対処法です。

この時発行される「受理番号」は、落としたカード類などの連絡時に必要となるので、控えることも忘れずに。

3 そして、身分証明書を再発行する

財布の中には、現金以外に、いろいろなものが入っています。
毎日の暮らしに欠かせないものや、個人情報に直結する重要なものばかり。

運転免許証や保険証などは、あなたの身分を証明するものですから、悪用されたら大変。財布とともに落としたことを届け、すぐに再発行の手続きをとってください。

【運転免許証の再発行】

警察署・交番へ遺失届を出し、運転免許証に記載している住所地を管轄する「運転免許試験場」「警察署」などで申請手続きを行うことができます。

都道府県によっては、警察署で再交付できない場合もあるので、運転免許試験場などへ問い合わせてください。

【健康保険証の再発行】

警察署へ遺失届を出したら、会社員の場合は会社の担当部署、国民健康保険ならば、市区町村・役所の窓口に再発行の申請をします。

4 さらに、ICカードや各種カード類を再発行する

saifu-ososu-04

Suica・PASMO・TOICAなどのICカードも、財布の中の常連。
こちらは、紛失した時点でのチャージ残高が保証され、手数料(再発行手数料510円+新しいカードのデポジット500円=1,010円)を払えば再発行もできます。

PontaカードやTカードなど、コンビニやレンタルビデオなどのカードの紛失届け・再発行も忘れずに。

もちろん、クレジット機能が付いたカードは、真っ先に使用停止の連絡をしてください。

5 最後に、財布を落とした時の行動をチェックする

saifu-ososu-05

財布を落としたら、出てこない可能性は高いかも知れません。

警察も積極的に捜査するわけもなく、ただ拾った方の善意にすがるよりありません。

そこで、財布を落とした時間に、どの店へ立ち寄ったかを思い出し、飲食店ならば電話番号を調べて、忘れ物がないか確認してみることです。

財布を落としても安心な3つの事前対策

1.財布の中身を知っておく

クレジットカード・身分証明書・ポイントカードなど、いつも自分が持ち歩いている財布の中身を熟知しておくと、財布を落とした時の対処法も楽。

財布の中に入っているものをすべて携帯電話で写真を撮り、データとして保管しておくという対処の仕方もあります。また、カード類のコピーをとっておくのもよいでしょう。

とても需要な個人情報ですから、保管はくれぐれも慎重に。

saifu-ososu-06

2.カード会社などの連絡先を事前に登録する

財布とともにカードも落とした場合、一刻の猶予もなく使用停止の連絡をしなければなりません。
そこで、カード会社や金融機関の連絡先を、予めアドレス帳に登録しておくと、すぐに連絡ができ安心です。

3.行動記録アプリをインストールする

GPS機能を使い日常の行動を記録する、便利なスマホ・アプリがあります。
記録データをたどって、財布を落とした場所を探すこともできます。
無料のアプリもあるので、試してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">