インフルエンザを一日でも早く治すための食事療法(大人編)をご紹介!

infuru-syokuji-otona01

冬になるとインフルエンザ・・大流行しますよね。実際テレビでもニュースが流れたりします。予防接種をすればかからないというわけでもない。仕事で、家事で、育児で忙しいと予防接種も忘れちゃったまま流行期を迎えちゃった。と慌てふためいている間に自分がかかっちゃったとなってしまうことも。そういうとき食事は何を食べたらいいの?どういうものを食べたら早くよくなるの?そういう疑問を持つ大人のあなたに。インフルエンザを一日でも早く治すための食事についてご紹介させていただきますね。

スポンサーリンク

1、早く治したいのに全く食欲がないときの食事

infuru-syokuji-otona02

仕事があまり休めないから、子供がいるから世話をしないといけないから・・・など大人にはいろいろな事情があります。何か口にして体力をつけたい。あせる気持ちは強いのに全く食欲がないという時期がありますよね。

本当に一日でも早く治したい・・・

そういう気持ちがあるのは分かります。でも食欲がないとき無理して食べなくてもいいのです。折角食べたものも戻しちゃったりしますからね。こういうときはこれ。水分だけは補給したいので、果物のジュース、お茶、そしてスポーツドリンク。果物のジュースは家族がいれば、ミキサーでフレッシュジュースを作ってもらってもOK、もし一人暮らしの場合は果汁100パーセントジュースにするといいかも。消費期限には気をつけないといけませんが、日頃からストックしておくと便利です。お茶は緑茶よりタンニンの少ない麦茶や十六茶などがいいでしょう。熱がでると汗で塩分も失われるのでスポーツドリンクももちろんOKです。ポカリスエットにおいては粉末状のものの発売されているので、在庫として日頃から確保しておきましょう。

2、だんだん食欲も戻り、もう一息というときの食事

infuru-syokuji-kodomo03

いつまでも水分確保だけではいけませんよね。でもいきなり普通の食事に戻しては何も食べていなかった胃がびっくりしてしまいます。でも一日でも早く治したい・・・そんな思いが頭を横切るのも事実。インフルエンザに勝つためにがんばらないと・・・。という思いがあるときは栄養のバランスを考えて食事を摂ることが重要です。

ただ自分が体と相談して食べられる分量から始めましょう。主食はおかゆ、ただおかゆだけだと栄養が摂れないのにと思う場合は大根、人参、ねぎなどの野菜を細かく切って卵でとじるあたたかおじやを作ると栄養ばっちりです。

おかゆどうやって作るんだったかな?という人は簡単に作れるおかゆの作り方の動画がありましたので、こちらを参考にしてくださいね。

そして白身魚など脂の少ない魚、豆腐、卵、鶏ミンチなど胃に負担のかからないものからはじめて段々普段と変わらない蛋白源に戻していきます。

あとはビタミン豊富な野菜、果物。これらも軟らかく煮たり、すりおろしたり消化のよくなるような調理法から普段の調理法に戻していきましょう。元気なときと同じ主食、主菜、副菜が基本です。もちろん冷たい食事より温かい食事がいいのですが、アイスクリームに限ってはのどごしもよくいろいろな栄養素が含まれているので、食欲のないときには活用しましょう。

3、普段と変わらない量を食べられるようになったときの食事

infuru-syokuji-otona04

症状も軽くなってきてもう大丈夫?明日からでもがんばれるぞと意気込みをかんじられるようになってきたとき、ガツガツ食べたい気分も分かります。が、そういう風に無理にガツガツと沢山食べるのは逆効果。インフルエンザで体も弱っていたところ、むりして食べてしまうと、胃を壊したり、下痢になったり・・・。ほかの不調まで招きかねません。食事は自分がほどほどだと感じられる程度にしましょう。

4、インフルエンザを1日でも早く治すための食事療法・・・栄養素編

infuru-syokuji-kodomo04

前にも述べたとおり、インフルエンザを一日でも早く治すには、栄養のバランスを考えて主食、主菜、副食をバランスよく摂ることが大切。これを多く摂ればいい、これは別に摂らなくていいというものはありません。炭水化物を含む主食である米、パン、うどん、蛋白質や鉄、カルシウムを多く含む肉、魚、卵、豆腐の主菜、ビタミン、鉄分、カルシウムを多く含む野菜の副菜。どれも欠かせないものですし、どの栄養素も免疫力を高めてくれます。その中で1番に注目したいのはビタミンCです。免疫力をあげてくれると同時に病気からの回復も早めてくれます。ビタミンCは野菜、果物に多く含まれます。

他にも、以外やいがい、じゃがいもや長いもなどのイモ類にもビタミンCが多く含まれるので、高熱でつらい時期も活用できます。そして肉、魚、卵、豆腐に含まれる蛋白源は同じく免疫力をあげてくれるのと同時に体を温めてくれる作用もあります。
それぞれの栄養素のバランスを考え、自分が・・・家族が食べやすいものは何かを考えてそのときそのときに調理法、食材を考えて対応することは重要です。

大人でもかかるとつらいのよ・・・一日でも早く治したいのよという思いは誰でも同じ。でもあわてるあまり無理して食べて体調を更に悪化させては、日常生活にまで多大な影響を及ぼしてしまいますよね。インフルエンザにかかっちゃったというときこそ、あわてず、あせらず落ち着いて段階を踏んで食事療法を進めていきましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">