子連れでバーベキュー(BBQ)を楽しむための持ち物チェックリスト&便利グッズをご紹介

bbq06

春過ぎて、夏が来た♪ 大人も子供もみんな楽しみ、バーベキューの季節の到来。

どこでどんなバーベキューしようかと思案しながら、いろいろ準備をするのもわくわくしますね。子連れで十分にバーベキューを楽しむために必要な道具、子供のために用意したほうがよい食材、遊び道具などの持ち物を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

1、バーベキューには絶対必要な道具

 ♪ バーベキューコンロ(鉄網、鉄板含む)

コンロ

中に炭を入れて火をおこし網を置いてさぁバーベキューとこれは絶対に必要。ホームセンターなどで数千円から手に入ります。ステンレス製にするとさびないので尚更OK♪人数に合わせた大きさのものを用意します。お店の人にも相談して決めましょう。ただ子供がいると危険なので近づけないようにしてあげてください。不安定な場所におくとコンロが倒れてしまうこともあり、危険です。

 ♪ 木炭、備長炭

bbq02

火種になります。木炭は木を炭にしたもの、備長炭は固い木材を使用していて、火を起こすのに時間がかかります。バーベキューコンロとあわせて、ホームセンターなどで手に入ります。段ボール箱またはビニール袋に5kgくらいから15kg入っているようです。
ただ湿気は厳禁。乾燥しているところで保管するようにします。

 ♪ チャッカマン

bbq05

代わりにライター、トーナーバナーを用いることができます。着火するときに使います。

 ♪ トング(木炭ばさみ)

bbq03
木炭をはさみ、コンロに入れたり、バーベキューに木炭を移動したり、片付けするときに使います。

 ♪ ブルーシート 机、いす、テント

bbq04子供がいる場合はコンロから離れた場所に設置しましょう。
あとは軍手、お皿、コップ 箸などの食器類、まな板、包丁、ボールなどの調理器具、掃除をするときの新聞紙、キッチンペーパーなどを用意します。

2、これはあったほうがいい、便利バーベキューグッズ

これはあった方が便利だよ♪というバーベキューグッズを集めてみました。

◎ 着火剤

着火時のみの使用ですが、あったほうが火の着火が早く便利です。形状としてはブロックタイプやペーパー状、ジェリー状があり、ホームセンターなどで手に入ります。

◎ うちわ、送風機 火おこし器

風を送り、火を起こすのに使います。うちわで十分ですが、送風機(ガンブロー)があると尚便利です。

 送風機(ガンブロー)があるとうちわでパタパタ仰がなくてもいいので、とっても楽ですよ。

また、火おこし器があると炭への火付け作業がとっても早くなり、約10分程度で火おこしができます。
手間いらずで、時短でバーベキューが楽しめますよ。

火おこし器ってすげぇ、炭火おこし10分

◎ クーラーボックス

bbq10

子供連れだとジュースやお茶など飲み物は必需品。その上に、肉、魚介類など痛みやすいものを入れておくのにも便利です。もちろん凍らせることのできる保冷剤を忘れずに。


◎火消しつぼ

ふたで密閉して火を消すのに使うつぼです。炭を捨てるところのない場合や再利用するときにあると便利です。

◎串

bbq09

串に材料をさして焼くと、手も汚れず、熱さも気にすることなく食べることができます。


◎アルミホイル

蒸し焼きにするときに使えます。またはまないたかわりにもなります。

◎各種調味料

焼肉のたれなど好みに合わせて用意しましょう。子供がいれば甘口のたれはあった方がいいでしょう。

◎虫除け

子供は虫に刺されやすいもの。虫除けがあると便利です。

◎日よけの為の帽子

熱射病予防のために帽子を持っていきましょう。

3、子供が食べやすい食材も用意しよう

bbq07

バーベキューには結構子供が食べにくいと感じるような食材があります。子供が楽しく、おいしく食べられるように子供が食べやすい食材も用意してあげましょう。
肉にしても、大きなブロック状のものでなく、薄切りでやわらかいスライスを用意しておくと食べやすいでしょう。

子供が大好きな食材を用意しよう。ウィンナーは棒つきのフランクフルトにすると、手も汚れず、かぶりつけるので重宝します。子供用に売っているキャラクターの入ったウィンナーなども用意すると喜ばれること間違いないですね

あとはとうもろこしも子供に人気です。最初にゆがいておいて、適当な大きさに切りバーベキューで焦げ目がつくくらい焼ければこんがり香ばしい焼きとうもろこしの出来上がり。

bbq08

じゃがいもやかぼちゃ、人参、たまねぎなど食べやすい野菜も用意しておくと、栄養のバランスもばっちりですね。
主食はご飯ではなく、おにぎりを用意してもっていくと子供にとっては持ちやすく食べやすいでしょう。現地で作れる場合はもちろんつくってもOKです。

4、バーベキューにも飽きるかも!そんな子供のために遊び道具も用意

バーベキューも長引いてくると、子供も飽き飽き、騒ぎ出したり、ぐずったり、そんなときにあったらいいなぁと思う遊び道具をバーベキューの場所別に紹介していきましょう。

☆山(野原、キャンプ場を含む)編

 野原など広い場所があれば、ボール、バトミントンなどのスポーツ系の遊具があるとよいでしょう。勝ち負け関係ありで真剣勝負。一気に盛り上がりそうです。
 男の子の場合、あとは近くに山があれば、せみ、とんぼ、バッタなども虫取りもできます。虫取り網と虫取りかごがあると便利です。女の子であればお外用のおままごとセットもあると、野山の花、葉っぱ、木の実などを使っておままごと遊びもできそうです。

☆川原のある場合(キャンプ場を含む)編

 大きい子なら釣竿、バケツがあれば川釣りも楽しめます。小さい子でもバケツや虫かごがあれば小さい魚やざりがに、さわがになどを捕まえて、それに入れて持ち帰ることもできます。

☆おうちの庭の場合編

おうちの場合は子供用のDVDを用意しておくと、大人はお外でバーベキュー、子供は中でDVD鑑賞という風になっても大丈夫。絵本があれば絵本も読むことができます。ただ、近所のことも考えてあまり大きな声で騒がないように大人が注意してあげるのも大事です。
いずれの場合ももしよければの話なのですが、持ち運びのゲーム機があればそれに熱中することもできます。またゲーム機がなければスマホのLINEのゲームを利用したりすることもできます。

5、最後にこれさえあればバーベキューができるぞ 持ち物チェックリスト

 (道具編)
□・バーベキューコンロ               
□・鉄板、鉄網
□・木炭、備長炭
□・チャッカマン(またはライター、トーナーバナー)
□・ドンク(木炭ばさみ)
□・うちわ、送風機 *         
□・着火剤     *
□・火起こし器   *
□・火消しつぼ   *
□・軍手、グローブ
□・テント、机、いす、ブルーシート
□・クーラーボックス
□・アルミホイル  *
□・串       *
□・まな板、包丁、ボール、菜ばしなどの調理器具
□・お皿、コップ、箸などの食器類
□・虫よけ     *
□・帽子      *
□・新聞紙、キッチンペーパー
☆ご飯を炊くときには飯盒があると尚よい。

(食材)
□・ご飯、またはおにぎり *
□・牛肉、豚肉、鶏肉などの肉類
□・いか、えびなどの魚介類
□・野菜、きのこ、イモ類、
□・水(消火時にも使用できる)
□・お茶、ジュースなどのドリンク類*
□・ウィンナー
*は必要と言うほどではないが、あれば便利なもの。

やっぱり夏と言えばバーベキュー、子連れでもおもっきり楽しみたいですね。
道具もばっちりそろえて用意万全。家族みんなでわいわい、がやがや楽しみましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">