女性が厄年で出産したときの、「捨て子」の習慣とは?

今回は長い人生において必ず訪れる厄年。

厄年は一般的によくないことが起こる年であるといわれています。

その厄年と、厄年に出産するときの厄除け方法などについてご紹介しますね。

 yakudoshi-ninshin01

スポンサーリンク

厄年とは

厄年とは由来は陰陽道にあるようですが、

実際に気になるのはその年と起こる内容ですね。

厄年は男性と女性で異なっており、

それぞれ、下記の歳が厄年となります。

男性:4歳、13歳、15歳、25歳、42歳、61歳

女性:4歳、13歳、19歳、33歳、37歳、61歳

この年の前後を前厄・後厄と言います。

また厄年は生まれた年から1歳と数えるので

注意が必要です。

間違えないようにしたいですね。

厄年は生まれた年から1歳と数える、

厄年の前後は前厄後厄と言われるので、

厄年は1年だけではないことも憶えていたいですね.

また、女性の厄年で特に注意が必要なのは19歳、33歳、37歳です。

理由は次のようなことがあるからといわれています。

  • 19歳は出産や卵巣の機能が安定し,妊娠する準備が整う時期
  • 33歳は妊娠する機能が最も高くなり,仕事や育児など忙しい日々を送る時期
  • 37歳は高齢出産にかかわる時期

このように見ると厄年と出産は深い関わりがありそうですね.

厄年に出産するとだめなの?

厄年に出産することには

  • 厄年に出産することで生まれてくる子供が厄を背負って生まれるという考え
  • 厄年の出産することで厄を落とすという考え(これは男児だけだと言われています)

の2つの捉え方があります。

昔の考えを信じて出産を控えるもよし、

厄払いと考え出産するもよし、

どちらでもいいのかなと思います.

厄年を信じているけれど、

出産と厄年がかぶってしまった!

と思っている方に厄払いの方法をお教えします.

厄年で出産したときの厄払いの方法

厄年に出生した子供への厄払いとして

「捨て子」

というものがあります。

実際に捨ててしまうわけではないので安心してくださいね.

 捨て子の方法

  • 赤ちゃんを籠にいれて神社などに捨て、振り返らずに立ち去ります。
  • そのあと拾い親(頼んでおきます)が箒とちりとりで履き入れるように赤ちゃんを自分の家に連れて帰ります.
  • そして次の日に実の両親のもとに届けて終了です.

簡単な方法ではありますが、

一晩赤ちゃんに会えないのは悲しいですね・・

昔から行われている方法なので信用できると思います。

行うことを検討する場合は、

お近くの神社に相談にいってはいかがでしょうか。

一般的によくないことが起こるとされている厄年でも、

何も起こらない方や厄払いの方法もたくさんあります。

ぜひ、厄年だからといって、後ろ向きにならず、

前向きに厄年と向き合っていきましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">