新聞紙のギザギザはなぜあるのか?

毎朝、新聞を読んでいると、

上下のギザギザとした切り口が気になりませんか?

shinbungizagiza

ギザギザのところがくっ付いて、

満員電車の中で、うまくページがめくれなかったりして、

となりのひとに腕があたって、

何度か、謝る経験をしたことがあります。

 

このギザギザ、なんかイラッとすることもありませんか。。

なぜ、このギザギザついているのかなぁと思って

調べてみましたが、あまり意味はないようです。

新聞紙は輪転機に何重にもそうです。

巻かれて、それを回転させながら、

新聞紙の大きさに裁断されるそうです。

その分厚い用紙の束を正確な寸法に切りそろえるために

まっすぐな刃ではなく、あえてギザギザの刃で切ることで

滑らずに正確に切断できるようにしているということです。

ちなみに、輪転機が導入される以前は、

一枚づつ切った紙に印刷していたので、

昔の新聞は滑らかな直接の切り口だったそうですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">