なぜ「端午の節句」っていうの?5月5日には意味が!?その由来をご紹介

067625

5月はじめに端午の節句がありますね・・・子供の成長を祝うとともに元気で居てくれることに感謝の気持ちも忘れないようにしたいですよね。でも端午の節句っていったいどんな意味があり、由来があるのでしょう?そしてお祝いの料理にはどんな意味があるのでしょう?子声は端午の節句の由来、意味について全般的なことについてご紹介しますね。

スポンサーリンク

1、端午の節句の由来と意味

端午の節句はもともと元気で居られるように、長生きできるようにと願う行事でしたが、江戸時代以降男の子の誕生と成長を祝う行事として定着してきました。また端午の節句は「菖蒲の節句」とも言われています。自然災害や災いが起こる原因が魔物によるものだと信じてやまなかった当時の人々は強い香りのある菖蒲やよもぎを家の軒につるしたり、菖蒲を湯に入れて入浴することで魔物から身を守るものだと考えていたのです。

時代がやがて武家の社会に移り変わると菖蒲を尚武にかけて武士を重んじる「尚武の節句」に変化していきます。江戸幕府の時代に入ると重要な式目の日が5月5日になり、大名や旗本が正装で江戸城にあがり、将軍をあがめ、祝うようになったことから男の子が生まれるとのぼりや馬印をたてるようになり、それがこいのぼりの始まりだとされています。

また誕生と成長を祝うことになった端午の節句ですが、戦いから身を守るために鎧や兜を飾るようになりました。

端午の節句は「端」は「はじめ」、「午」は数字の「五」と重なることから「初めの5日」という意味があるとされていました。初めから5月と決まっていたわけではなかったのです。奇数が縁起のよいものをされていたことによって、端午の節句が「5月5日」というのが定着したのです。

2、端午の節句に行うお祝い事

ひな祭りの節句が終わると、すぐに端午の節句を迎えます。まずはよろいや兜、こいのぼりや武者人形をだします。雛人形は顔を素手でさわらないようにといわれていますが、兜の金属の部分も手の脂がつき、錆びることがあるので気をつけるようにします。片付けも天気のいい日を選びます。(雛人形のように片づけが遅れると「婚期が遅れる」などいわれることがないので、慌てることもないでしょう。)

また銭湯や自宅など風呂に菖蒲を浮かべて入浴する菖蒲湯の風習も見られます。昔は災いや魔物から身を守るものとして菖蒲湯に入るものとされていましたが、香りも強く、薬効もあるのでためしに入ってみてはいかがでしょうか?

ofuro_syoubuyu[1]

3、端午の節句の料理

 「ちまきたべたべ~♪」童謡「背比べ」出てくるおなじみの粽。端午の節句の代表的料理ですよね(お菓子ような気もしますが。)古代中国で屈原という人が国につかえたものの裏切られ身を投げたという悲話から粽がうまれ、日本にも伝えられました。その話から「忠誠心」の意味合いがあるとされ、親が子供にそれをもたせるために食べさせたといわれています。

反対にもうひとつ、代表的なものに柏餅がありますが、この柏餅は日本独特のものとされています。柏の木は「新しい芽が出るまで古い葉が落ちない」ということから、跡継ぎや子孫繁栄につながるとされ、縁起ものして食べられるようになりました。

かしわ餅の作り方

かしわ餅も手作りにすれば、気持ちがより一層高まりますね。

関東は縁起のいい「柏餅」、関西は伝統を重んじる「粽」を食べるとされています。ご主人の出身地に合わせて用意しましょう。

その他、よもぎも健康によいとされ、草もちにして出すとよいでしょう。

料理はやはりまっすぐ伸びるという意味を持つたけのこを使ったたけのこご飯が端午の節句の代表格ですが、お子さんがすきということであればひな祭りの代表でもある散らし寿司なんかでもよいでしょう。初節句のお祝いであれば、赤飯でもきちんとお祝いできます。

108118

お祝いの魚といえば「鯛」ですが、端午の節句は立身出世を願う節句でもあるため「出世魚」である「ブリ」「ボラ」を使って料理するのもよいとされています。「登竜門」のいわれから「コイ」、「勝つ男」という意味から「カツオ」のよいとされています。

また山菜は伸びるのが早いことから、端午の節句にとっては縁起のいいものをされています。たけのこご飯に入れたり、おひたしにしたりするとよいでしょう。

098538

もうすぐ端午の節句ですね。どんなお祝いにしようかと今からドキドキわくわくしますね。また料理は作る人の心が大事といいます。お子さんのこと思い、成長を願って用意すればきっと素敵な節句が祝えることでしょう。思い出に残るすばらしい日にしたいですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">