9月3日はドラえもんの誕生日!ドラえもんの雑学をお届けします

スポンサーリンク

9月3日の雑学

9月3日はドラえもんが誕生日とされています。

2112年9月3日に、ドラえもんが誕生した設定になっています。

実は、この日という数字にも意味があったり、

なぜ、青いのか?などのドラえもんの雑学をご紹介していきたいと思います。

 ドラえもん誕生秘話

ドラえもんは、マツシバロボット工場という、

未来の子守用ロボットを大量生産する工場で生まれました。

実は、この子守用ロボットを生産していた1台から、

ネジが外れてしまった不良品のロボットが生産されてしまったのです。

不良品となったロボットは、性能をあげて、

優秀な子守用ロボットになるよう、訓練を受けます。

しかし、もともとネジが外れてしまっている

不良品ロボットはよい成績をとることができませんでした。

そして、優秀な子守用ロボットになるために、

特別なロボット学校に入学することになったのです。

そして、このロボットの引きうけをするための

オーディションが開催され、

のび太くんの孫の孫であるセワシくんが、

この不良ロボットを引き取ることになったのです。

そう、この不良子守ロボットこそが、「ドラえもん」なんですね。

 ドラえもんの誕生日が9月3日の理由

ドラえもんが9月3日に誕生したという設定にも

理由がありそうです。

その前に、ドラえもんの体系についての

情報をご紹介させていただきます。

ドラえもんの仕様

体重:129.3kg

身長:129.3cm

ウエスト:129.3cm

バスト:129.3cm

ヒップ:129.3cm

頭周り:129.3cm

足の長さ:129.3cm

お気づきになられたと思いますが、

実は、ドラえもんの仕様などの設定には

1、2、9、3という数字がすべて使われているんですね。

そして、誕生日は、「2112年9月3日」

つまり、これらの数字にはすべて意味があるということです。

ではどのような意味なのでしょうか?

このドラえもんのを読んでもらうターゲットが

小学校4年生を当初対象としていたそうです。

そして、のび太くんの設定も小学校4年生にしています。

ドラえもんの身長は、

小学校4年生が見下ろさなくてもよい身長にしよう。

ということで、

当時の小学校4年生の平均身長が129.3cm

だったことから、同じ身長に設定したそうです。

そして、この129.3cmという数字に

すべての設定をそろえていったそうなんですね。

すべての始まりは、読者目線に合わせよう

という気遣いから、生まれた数字なんですね。

この考え方が、40年以上も愛される

ロングセラーアニメの秘訣かもしれませんね。

ドラえもんは、なぜネズミが嫌いなの?

dora-01

ドラえもんがネズミが嫌いなのは有名ですよね。

では、なぜネズミが嫌いかというと、

ある事件がきっかけだったんですね。

セワシくんが粘土でドラえもんを作ろうとしたのですが、

耳がうまく作れなかったんですね。

そこで、ネズミ型工作ロボットをつかって、

粘土のドラえもんの耳をつくろうとしました。

ところが、このネズミ型工作ロボットは、

耳のない粘土でつくったドラえもんと同じように

ホンモノのドラえもんにしようとしてしまい、

ドラえもんの耳をかじってとってしまったんですね。

それから、ドラえもんはネズミが嫌いになったんですね。

 ドラえもんはなぜ青いの?

ドラえもんは子守用ロボットとして

生産されていたというお話をしましたが、

実はこの子守用ロボットの標準仕様の色は黄色なんですね。

しかし、ネズミにミミをかじられてから、

元気をすっかりなくしてしまったドラえもん。

そんな、元気のないドラえもんが元気をだそうと、

「元気の元」という道具を使おうとしました。

しかし、間違えて、「悲劇の元」を飲んでしまい、

三日三晩泣き続けることになったのです。

泣き続けたドラえもんは、体のメッキがはがれ

青くなってしまったんですね。

まとめ

誕生したのが、ネジを一本外れてしまって、

不運な誕生でしたね。

その後も、ミミをかじられ、メッキがはがれと

かなり困難と苦労の連続だったんだと思いますよね。

そんなドラえもんに多くの人が励まされ、

勇気を与えられ、楽しませてくれていると思うと

ドラえもんって本当によいアニメだなと思いました。

9月3日は、そんなドラえもんの誕生です。

よかったら、みんなでお祝いしてあげましょう!!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">