花火大会の始まりと浴衣を着るようになった由来をご紹介!

09d69c740455941ac8811b9e1702f6cd_s

夏といえば思い浮かべるものの一つが花火大会ですよね?その花火大会ですが、いつからはじまったのか?なぜはじまったのか?など由来が気になりませんか?そして花火大会を盛り上げる浴衣。なぜ、花火大会に浴衣を着るようになったのでしょうか?花火大会がはじまった由来と花火大会に浴衣を着るようになった由来についてご紹介しますね。

スポンサーリンク

花火大会がはじまった由来とは?

 花火大会がはじまったのは・・・やはり江戸からでした。1732年、江戸の4大飢饉のひとつとされる「享保の大飢饉」が起こります。それとともにコレラが大流行し、多数の犠牲者が出ました。その死者の霊を鎮めるため仏事を行い、花火を打ち上げたのが花火大会のはじまりだとされています。その花火大会、今では「隅田川花火大会」として知られています。またその慰霊祭を行ったのが「暴れん坊将軍」で有名な徳川吉宗だったといいます。

花火大会のはじまりは慰霊祭だったんですね!

花火大会に浴衣を着るようになった由来とは?

7f1839cc232790fd118b94adf1247654_s

浴衣の由来で一番古いものでは、貴族が入浴時にまとった「湯帷子(ゆからびら)」からきているとされています。蒸し風呂で汗を吸い取ったり、やけど防止に着ていたとされています。

麻の薄い着物だったようです。

また、貴族の間で着られていた浴衣が庶民に広がったのは江戸時代後期、風呂屋が普及したときだそうです。江戸時代は入浴は裸で、湯上りの汗を拭くために着ていたのが浴衣だそうです。生地も麻から木綿に変わるようになり、そのまま外に出るようになりました。町民の間では花見や盆踊り、花火大会などで浴衣を着て出かけることが流行しました。明治時代に入ってから、現在のように夏の普段着として全国に普及したそうですよ。

花火大会に浴衣を着るようになったのにはこういった由来があったんですね。

 日本ならでの花火大会。やはり風情があって素敵ですね。この夏、どこかの花火大会に出かけたくなってきちゃいますね。
今から、どこの花火大会にお出かけするか、チェックしておきたいですね。

さいごに・・・

花火大会がはじまった由来って意外なところにあったんですね。花火大会に浴衣を着るようになった由来にも奥深いものがありますね。そういう由来を知ってから花火大会を観にいくと、また一味違ったものになりそうですね。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">