隅田川の花火大会の詳細&穴場をご紹介!

1a7deef0ffa6061aa85737d2d299d7a2_s

夏になると花火大会がありますね。家族と一緒いきますか?それとも、友達や恋人と?いろいろ思い浮かべたら楽しみになってきますね。ここでは隅田川の花火大会の詳細、穴場についてご紹介しますね。

スポンサーリンク

 1、隅田川花火大会の日程、時間、規模

江戸時代から続く日本最古の花火といわれている「隅田川花火大会」。例年7月の最終土曜日に開催されるので、2015年は7月25日(土曜日)に開催される事が決定しました。雨の場合は翌日の26日、両日、雨の場合は中止となります。

場所は第1会場(桜橋下流~言問橋上流)、第2会場(駒形橋下流~厩橋上流)があり、

  • 第1会場では約9350発(コンクール200発を含む)
  • 第2会場では約10650発

の計20000発となっています。

時間は午後7時5分から午後8時30分で観客数は95万人と推定されています。

2、有料観覧席について

「市民協賛」ということで、協賛金を支払うことで特別観覧席で鑑賞できます。

  •  墨田区側両国親水テラス(蔵前橋~総務武線橋間のいす席)6000円
  • 台東リバーサイドスポーツセンター野球場(ビニールシート席)

   7500円

  • 台東リバーサイドスポーツセンター少年野球場(ビニールシート席) 7500円
  • 台等リバーサイドスポーツセンター野球場(ビニールシート団体席) 30000円

 です。往復はがきで申し込みを・・・。そのほか「スカイツリー」「花やしき遊園地」「浅草ビューホテル」「両国第一ホテル」などでも観覧席は設けられ、販売されています。

3、この花火の見どころ

2012年からはスカイツリーから花火が楽しめたり、スカイツリーと花火という風景を見ることもでき、見どころの一つとなっています。動画は2012年のコンクールの花火の模様。スカイツリーとのコラボレーションが素敵ですね。

午後7時半から始まる第2会場での5分間に1000発以上の花火が上がるときがあります。

最後のクライマックス、「スターマイン」の連射はやはり圧巻でしょう。動画は2012年の第1会場でのフィナーレです。

 4、穴場スポットご紹介!

95万人もの人が訪れるだけに、混雑を避けていいところで花火を楽しみたいものですよね。ここでは隅田川花火大会がきれいに見える穴場スポットをご紹介します。

1、言問橋

第1会場の花火を目の前で見られるとのこと。花火コンクールの花火も自分の目の前であげてもらえる・・・とのことです。ただ交通規制がかかるので、座っては見られず、座ってみたい人には不向きとのこと。

2、汐入公園

会場からは離れますが、花火はばっちり見える穴場スポット。座ってみたい方や、カップル、ファミリーにはお勧め。

汐入公園からの眺めです。

3、両国国技館周辺

花火大会会場からは離れているため、さほど込み合いません。最寄り駅の両国駅からは目と鼻の先です。

 4、東白鬚橋公園

汐入公園より若干花火大会よりのスポットです。例年ゴザの無料貸し出しをしてくれるとのこと。至れり尽くせりですね。

5、水戸街道

誰もが知っている穴場スポット。夕方から歩行者ゾーンが形成されるのでゆったりできるのではないかとのこと。そのまま終了後には曳船駅を利用すればそのままおうちに帰れるとのこと。

さいごに・・・

大規模の有名な花火大会だけに、きれいに見れる穴場スポットも早めの席の確保が必要です。是非、自分だけの穴場スポットを見つけて、隅田川花火大会を思う存分満喫したいですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">