アイシャドーの本当の目的は◯◯◯だった・・

女性なら、だれもが使っているアイシャドー。

アイシャドー

このアイシャドーの歴史は古く、

今から5000年も前の古代エジプトで使われていたのが起源だそうです。

古代エジプトでは、化粧術も早くから発達しており、紅や香油などを使い、

髪を染めることもしていたようです。

そして、アイシャドーもしていたようで、

孔雀石(くじゃくいし)をすりつぶして、

青い粉をまぶたに塗っていた。

しかし、これは美的効果を狙った化粧術ではなく、

実用的なものだったそうです。

まぶたを青く塗ることは、強烈なエイジプトの

日射を和らげる働きもあったそうです。

そして、もっとも重要な意味をもっていたのが、

蚊よけになるということです。

孔雀石には強い毒性があり、

殺虫剤の役割もあったそうです。

アフリカには、人間の分泌物を好む蚊がたくさんいたそうです。

これが目のふちにとまって、眼病を伝染させたりしていたので

孔雀石の粉を縫って、眼病の伝染を防いでいたそうなんですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">