魚を美味しく食べられる冷凍保存期間

主婦の方でもお仕事をされていることの多い昨今、

冷凍保存は美味しくて栄養を損なわない

食品保存方法としてほとんどの

家庭で利用されていますよね。

 fish-reitou01

特に肉や魚などのそのままでは

腐りやすい生ものでも冷凍しておけば少なくとも

1か月は大丈夫という安心感があります。

だけど、たとえば魚を美味しく

食べられる冷凍保存期間ってどれくらいなのでしょうね?

ここでは特に魚を冷凍するメリットや賞味期限の目安、

美味しさを損なわないようにする冷凍方法や

美味しい解凍方法のコツなどについてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

魚を冷凍するメリット

 fish-reitou01

冷凍するメリットは、長期保存できるということです。

白身魚は冷蔵で1週間近くもつこともありますが、

青魚はその半分せいぜい3日までが限度です。

これは加熱処理するものですので、

刺身であれば買ってきた次の日の昼くらいまでには

消化する必要があるでしょう。

しかし冷凍をすれば、

より美味しさを損なわずに長期保存が可能なのです。

それでは魚は家庭用冷凍庫で

どのくらい冷凍保存ができるのでしょうか?

 

冷凍保存での賞味期限の目安

fish-reitou03

買ってきた魚を家庭用冷凍庫(-18度C以下)で

保存した場合、2~3週間が目安になります。

この期間を過ぎても腐るわけではありませんが、

タンパク質の変性、脂質の酸化、肉色の変化などで

品質や風味が著しく低下します。

また、水分が抜けて乾燥し(冷凍やけ)、

肉質がスポンジ状になり、パサパサした食感になります。

特に脂身の多いイワシ、さんま、さば、にしん、あじ、

ぶり、うなぎなどは不飽和脂肪酸を多く含むので、

酸化しやすいと言えます。

焼く煮るなどの調理をした後冷凍しても

美味しく食べられるのは2~3週間です。

刺身ですとブロック状態のもののみ冷凍可能で、

1週間程度、ただし青魚の刺身は冷凍せずに食べきった方が無難です。

 美味しい冷凍方法・コツ

品質や風味の低下を防止するには、

鮮度の良いうちに急速冷凍し、

空気をできるだけ遮断した状態で保存するとよいです。

具体的に順を追って説明していきますと、

1.お頭付の魚の場合は、傷みやすい頭や内臓の部分を取り除き、

  下の写真のように切り身にします。

fish-reitou04

2.キッチンペーパーなどで水分をふきとります。

3.空気がはいらないようにラップできっちりと包みます。

4.熱伝導のよいアルミやステンレス製のトレイに

並べて短時間で冷凍し、

さらに冷凍後はフリーザーバック(スーパーなどで売っています)

に移し替えて冷凍庫に。

この時もフリーザーバックの中の空気を十分抜いて密封状態にします。

5.保存されている内容や冷凍した日付を、

保存袋の上に油性マジックペンなどで記しておくと便利です。

このように保存にも一手間かけることによって、

家庭用冷凍庫でも品質や風味を損なわず保存することができます。

fish-reitou05

また、解凍した食品を再冷凍することは

品質や風味を損なう前に衛生上危害を及ぼす

おそれがあるため、好ましくありません。

あらかじめ一度に使い切れる量に小分けをしてから

冷凍しておくとよいでしょう。

お刺身なども買ってきたら同じように保存しておいて

1週間以内になるべく早く食べきりましょう。

美味しい解凍方法・コツ

冷凍した魚を美味しく食べるには

冷蔵庫に入れて解凍するのがおススメです。

特に刺身など生で食べるものはこの方法で。

また時間があれば下の動画をご参考にされてみるのもよいでしょう。

<マグロの解凍方法と切り方動画(プロ料理人レシピ)お魚のお刺身>

厚みや大きさのある魚ですと半日くらいかかることもあります。

お急ぎの場合はフリーザーバックごとできるだけ

涼しいところに置きます。

ただし夏は思いのほか速く溶けて傷みやすくなりますので要注意です。

またもっと急ぐ時は、

流水でフリーザーバックにいれたまま少しずつ

水を当てて解凍させます。

魚の旨みが逃げないよう、

フリーザーバックの口は閉めたまま中に水が入らないようにしてください。

魚は栄養的に優れたタンパク質源です。

賢く保存して美味しく食べたいですね。

炊き立てご飯とみそ汁、

美味しいお魚とお新香があれば幸せ、

日本人でよかったと思いませんか。

でも魚は焼く、煮るだけの和風メニューのみならず、

ムニエルやアクアパッツァのように

洋風料理にしても美味しいものです。

色々アレンジして試してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">