秩父の「甘酒祭り」ふんどしで甘酒をかける祭りの見どころとは?

スポンサーリンク

甘酒祭りとは?

 amazake-matsuri01

 出典:http://www.city.chichibu.lg.jp/menu4349.html

秩父では「秩父の甘酒祭り」という、

ちょっと奇妙なお祭りがあります。

ふんどし一丁の男たちが甘酒をかけあうというお祭りです。

埼玉県秩父市のお祭りですが、

正式には「猪鼻の甘酒まつり」というそうです。

麦と麹でつくった甘酒をかけ合い、一年の悪病を退散させる行事です。

なぜ、ふんどしかというと衣類を着てると

「うまく甘酒がかからない」ということからだそうです。

甘酒まつりの一連

  1. 樽に入ってる甘酒をすくう。
  2. 酒をふんどし姿の誰かにぶっかけあう!
  3. 上下関係などありません。ぶっかけまくります。
  4. 甘酒がなくなった場合は、樽をぶん投げる。
  5. 体を洗い流し、最後は神社で一礼をして終了です。

一度みたら、誰でも一度は参加してみたくなるそんな甘酒まつりです。

イベント詳細

■イベント名         猪鼻の甘酒まつり

■7月第4日曜日時間

10:00~ 祭典

13:00~ 甘酒こぼし

■概要         甘酒をかけあうことから「甘酒こぼし」ともいわれる奇祭として有名です。

この甘酒は、氏子が前日大樽に粥と麹を入れて発酵させたもので、祭りには下帯に草履履きの氏子が小樽で威勢よく甘酒を掛け合う一風変わった祭りです。

■住所         秩父市荒川白久

駐車場         なし

■国道407号大滝方面へ少し行ったところに無料駐車場あり(神社まで徒歩5分) →駐車場地図

■トイレ     あり

■バリアフリー

障がい者用トイレ:×

障がい者P:×

路面状況:舗装・土・神社入口階段

交通規制     なし

■会場         熊野神社

■交通(電車・徒歩)   秩父鉄道三峰口駅から徒歩20分

秩父鉄道三峰口駅下車、西武観光バス「秩父湖」、「中津川」または「大滝福祉センター」行き利用、バス停「荒川局前」下車

■駐車場     なし

■お問い合わせ    秩父市荒川総合支所地域振興課

電話 0494-54-2114

http://www.city.chichibu.lg.jp/menu4349.html

秩父 甘酒祭りの見どころ

なんと言ってもふんどしで、

甘酒をかけあうというのは、

どこからどうみても面白いです・・。

<奇祭・甘酒祭り(甘酒こぼし) 埼玉県無形民俗文化財>

やはりおもしろい内容なだけに、

笑い声が耐えない面白いイベントになってます。

1300年以上の歴史を誇る伝統行事ということもあり、

見応えはたっぷりですね。

男たちが甘酒を掛け合う様子は

豪快で今までみたことがない光景に驚かれると思いますよ。

見物に行くかたは甘酒がかかる場合もありますので、

タオルを持参して参加してください。

遠く北海道から駆け付け祭りに参加した方もいるようですので、

やはりこの伝統ある祭りの幅広さを感じることができます。

“奇祭”と言われていますが、

このようなお祭りは後世にぜひ、継承していただきたいお祭りですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">