「古本」と「古書」の違い

ポチッをお願いします!!


雑学・豆知識 ブログランキングへ

最近、本を購入するときはAmazonで

購入することが多くなりました。

 kosho

Amazonのいいところは、

読みたい関連書籍を「おすすめ」してくれたり、

また、その本を読んだ人のレビューがみれるため

自分が探している本なのかどうかの

判断がしやすくなりますね。

そして、何より新本で購入するか、

古本で購入するかを

簡単に選べるところですね。

今までなら、新本は高いので古本を

購入しようと思っても、

わざわざ古本屋に行って、

同じ本があるかどうかを探す必要がありましたよね。

探したところでないかもしれませんし・・・。

Amazonなら、その本を新本で買うか

古本で買うかを選ぶだけですからね。

しかも、最近の古本はかなり状態もよく

新本とかわらないです。

しかも金額が、1/10ぐらいになる場合も

あるので、かなり助かりますね。

前置きがかなり長くなってしまいましたが、

今日は、古本と古書という言葉の違いについて

書いていきたいと思います。

「古本」とは、

お古の本のうち、

新刊書籍でも購入できる書籍を古本といいます。

「古書」とは、

すでに絶版となっており、

新刊書店では購入できない書籍を「古書」といいます。

さきほども書いたように、古本は新本より、

安く購入することができます。

(初版などの場合は高くなる場合もありますが)

しかし、古書は流通在庫が限られていることもあり

その分値段も高くなっています。

たまに古書店にいくと、

おどろくような値段がついていたりしますよね。

本一冊がン万円・・・。

家に眠っている絶版本などがあれば

古書店で高くうれるかもしれませんね。

そのときの注意点ですが、

古本屋でも古書を取り扱っているところと

扱っていないところがあります。

もし、古書を扱っていなければ、

二束三文にしかならなくなるので、

かならず古書取扱いしているお店に

行かないといけませんね。

それでは、僕もさっそく、

眠っている本を整理したいと思います・・。

ポチッとお願いします!!


雑学・豆知識 ブログランキングへ

twitter-followme

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">