銀杏を食べ過ぎると中毒になるの?

ginnan-cyudoku01

銀杏を食べすぎると中毒になるということをご存じですか?

銀杏は栄養が豊富ということで

滋養強壮、強精効果、頻尿や夜尿症の改善など様々な薬効があります。

私は実は大好きなのです。

特に素焼きや素揚げにしたものが好きで、

茶わん蒸しなどにもあの美しい翡翠のような銀杏が

入っているのを見つけるとうれしくなってしまうのです。

ところがこのイチョウの種子である

銀杏を食べ過ぎるとまれに銀杏中毒を

起こすことがあるということで、

特にお子さんには注意して与えなければならないことが

分かっています。

スポンサーリンク

小さい子供に注意!理由は?

ginnan-cyudoku02

 銀杏の食べ過ぎによる患者さんには小児(5歳未満)が多く、

70%以上が10歳未満であるということが報告されています。

理由は、銀杏にはメチルビリドキシ(MPN)という

中毒物質が含まれており、

これはビタミン6とよく似ているため、

脳内でビタミン6の働きを妨げてしまい、

神経伝達物質がきちんと代謝できなくなります。

したがって中枢神経の異常興奮により、

痙攣などの症状が引き起こされます。

子供は大人のように肝臓でMPNを解毒する機能が未発達なので、

中毒症状が起きる可能性がとても高くなります。

中毒の原因は?

ginnan-cyudoku03

上記のように銀杏を食べ過ぎた時に起きる中毒症状の原因は、

銀杏に含まれるMPNという中毒物質が

ビタミン6の働きを妨げてしまうことから起こります。

ビタミン6には、

体内の生化学反応の酵素の働きを助ける作用があるのですが、

その中でも、神経伝達を抑制する働きのある

GAVAの生合成をこのMPNは阻害してしまうのです。

したがって、神経伝達がうまく抑制されずに、

中枢神経の異常興奮により痙攣などの症状が現れるということです。

 

中毒が出た時の対応策は?

 ginnan-cyudoku04

さて、銀杏を食べ過ぎると中毒が起こることは

分かっていただけたと思いますが、

それでは中毒が起きてしまう量はとれくらいを目安に

したらよいのでしょうか。

それは小児で7粒以上成人で40粒以上とされています。

しかし小児は個人差があるようで、

数個でも中毒症状を起こしたという例があるようです。

したがって最初から食べ過ぎないよう、

お皿に5粒くらいしか盛り付けないとか、

とにかく食べ過ぎないようにする工夫をした方が賢明です。

また5歳未満の子供にははじめから与えない方がいいでしょう。

それでも中毒が起きてしまった場合は、

ビタミン6の活性を持つPLPという物質の注射が有効とされています。

銀杏食べ過ぎの症状は、

痙攣の他にも腹痛、嘔吐、下痢、頻脈、消化不良、

ふらつき、呼吸困難、意識消失、ショック症状などが現れる場合があり、

最悪の場合は死に至ることもあるので、

素人判断をせず、急いで病院に行き、

銀杏を食べたなどの症状に至るまでの詳細を伝えましょう。

日本中毒情報センターに問い合わせても、

銀杏食べ過ぎ中毒の情報や指示を受けられます。

銀杏が中毒を起こすことがあると言っても

それは食べ過ぎた場合ですから、

気を付けて食べていれば薬効もある銀杏、

美味しく食べて栄養も効率的に摂取しましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">