赤ちゃんの「オギャー」を英語で何という?

wanwan

海外のマンガなどを読んでいると、

動物の鳴き声の表現が日本とぜんぜ違いますよね。

犬は日本では「ワンワン」ですが、

英語では、Bow-Bow(バウバウ)

と表現されていたりします。

 

ニワトリは、日本語では「コケコッコー」ですが、

英語では、「コッカ・ア・ドードル・ドゥー」

ネコは、日本語では、「ニャーオ」ですが、

英語では、「ミュー」(miaw)

馬は日本語では、「ヒヒーン」ですが、

英語では、「フィニー」(whinny)

では、動物と同じく、赤ちゃんの泣き声も

英語と日本語では違うのかと思い

調べてみたら、やっぱり違いました!!

日本語では「オギャー、オギャー」が一般的だと思いますが

英語では、「ミュール」(Mewl)と表現しているようです。

日本人と英語圏の人では、

聞こえる音が違うということですね。

ここに日本人が英語が苦手な理由がある

のではないかと感じました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">