ボジョレーヌーボーに解禁日がある理由は?違反するとどうなるの・・

bojyore-kaikin-riyu01

毎年11月の第三木曜日はボジョレーヌーボーの解禁日。

楽しみにしている人たちも多いですよね。

ところでこのボジョレーヌーボー解禁日ってなぜあるのか

理由を考えたことってありませんか。さて、その理由は・・・

スポンサーリンク

解禁日がある理由は?

ボジョレーヌーボーを待ちかねている人は

たくさんいますよね。

ちなみに、ご当地フランスでの

ボジョレーヌーボーの解禁日はこんな感じのお祭り騒ぎみたいです。

そもそもボジョレーヌーボーというネーミングの意味ですが、

「ボジョレー」はフランスのブルゴーニュ地方のボジョレー地区のことで、

「ヌーボー(nouveau)」はフランス語で「新しい」という意味です。

つまりボジョレー地区の新しいワインという意味ですね。

つまり、ボジョレーヌーボーとは

その年に収穫のあったブドウを使って

フランスのボジョレー地区で作られる新酒のワインのことです。

同じ品種のブドウを使って同じように作られても、

他の地区で作られたワインは

ボジョレーヌーボーとは言わないのです。

何しろワインの国フランスですから、

政府はワインについての規制を細かく定めていて、

ボジョレーヌーボーの解禁日もフランス政府が定めたそうです。

そして、このボジョレーヌーボーの解禁日が

決められた理由ですが、

ヌーボーがよく売れるので、

メーカー競争が激化し不当なレベルまで発展して、

まだ出来上がっていない低レベルのワインまで

出荷されるようになってしまいました。

したがって、解禁日を設定することにより、

そのようなことのないようにしたとのことです。

そうすれば解禁日までじっくり作り込むことができるからです。

これが、解禁日が設けられた理由なんですね。

解禁日を違反するとどうなる?

このボジョレーヌーボーの解禁日を違反すると

どうなるのか気になりますよね。

フランスの業者が仮に解禁日を破ることがあると、

フランスの法律に違反することになります。

輸出業者が措置を取って、

翌年から違反業者は販売できなくなる

という可能性があります。

一方、一般人が解禁日を破っても

特に処罰が下るということはないそうです。

また、日本の販売業者や飲食店が解禁日を守らなくても、

解禁日を規制する日本法はないため、

こちらも特に処罰が下るということはありません。

もう一つ付け足しますと、

ワインは長くおくと美味しくなると

思い込んでいる方がいるようですが、

おいしくなるものとならないものがあります。

このボジョレーヌーボー、

その名の通りフレッシュなものを楽しむものなので、

長く置いておいしくなるというものではありません。

理由は熟成させずにアルコール発酵させただけのワインだからです。

少々おいても悪くなるということでもありませんが、

2,3か月以内くらい、早めに飲みきりましょう。

余ったものが長く残ってしまったら、

料理に使うのもよいかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">